美しい隣人 第4話 感想

 
2011年02月02日/ 美しい隣人
昨夜、フジテレビ系ドラマ「美しい隣人」の第4話を見ましたので感想など。

美しい隣人

このドラマは、すでに撮影を全て終えていると何かで読みました。
なるほど、夏のシーンから始まるものだから、涼しそうな服装を見ていて
「寒いだろうなあ」と思いましたが、8月から撮影開始していたようです。

さてさて、沙希(仲間由紀恵さん)をああいった行動に駆り立てるエネルギーの
源は一体何なのでしょう。子どもが事故で水死して、夫の筧雅彦(高知東生さん)は
それから1年と経たず、他に付き合う女性を作っている。

その怒りが夫の筧雅彦にだけ向かうなら分かりますが、何ゆえに沙希は
絵里子(檀れい さん)の矢野一家に嫌がらせをしているのでしょう。
それが簡単に分かってしまったら、ドラマがつまらなくなってしまいますね。

沙希(仲間由紀恵さん)は、絵里子(檀れい さん)と喫茶店を営む相田真由美
(三浦理恵子さん)との関係がギクシャクするように仕向けました。
次は、姑の矢野美津子(草笛光子さん)との仲を引き裂く工作に打って出ました。

また、沙希は、ついに絵里子の夫・矢野慎二(渡部篤郎さん)と深い関係に
なってしまったのでした。矢野家に対する執念は凄まじいものがあります。
やはり、子どもが水死したことと無関係ではないでしょう。

外国人の夫というのは狂言で、シンプルに沙希(仲間由紀恵さん)と筧雅彦
(高知東生さん)の間に出来た息子が、あの日に事故で水死したと思えます。
絵里子の子どもも、その日に行方不明になっており、高い木の上へ登って
下りられなくなったところを、喫茶店のバイト店員・松井理生(南圭介さん)が
見つけてくれたのでした。

同じ日に、水死した子と無事に見つかる子。ここがポイントだと言及するまで
もないですが、その裏にある事情が気になりますね。
それが知りたくて見ているわけですが。

沙希(仲間由紀恵さん)は、絵里子の子ども・駿クンには怖いくらいとても
優しくしています。スイミングクラブでイジメられていると知ると、いじめている
子どもを脅してクラブをやめさせる工作まで行います。

駿を亡くなった自分の子供の生き返りと思い込み、矢野家を崩壊させて
我が物にしようとたくらむほど、精神が病んでしまったのか。
続きが気になりますね。   


Posted by じろう at 06:20Comments(0)

美しい隣人 第3話 感想

 
2011年01月26日/ 美しい隣人
昨夜、フジテレビ系ドラマ「美しい隣人」の第3話を見ましたので感想など。

美しい隣人

今回の一番の見せ場は、最後の最後、白人男性がアップになったと思いきや、
次の瞬間に高知東生さんが画面に映った場面でしょう。
あれで、「ああ、なるほどそういうことかぁ」と思わず膝を打ちましたので。

しかし、何ゆえ沙希(仲間由紀恵さん)は矢野家にからんでくるのだろう。
恨む対象は筧雅彦(高知東生さん)だけでいいじゃないですか。
池でおぼれて亡くなった子どもと、何か関係しているとは思いますが。

相田真由美(三浦理恵子さん)の離婚歴を、あたかも絵里子(檀れい さん)から
聞いたように振る舞い、真由美と絵里子の仲が微妙な関係になるように
仕向ける沙希の工作には、思わずニヤけてしまいました。

ちょっと違いますけど、第三者から又聞きした自分の悪口は、面と向かって
その人物から悪口を言われるより10倍は腹が立ちますからね。

最後のあの場面を見たら、病院での出来事を絵里子(檀れい さん)が
沙希(仲間由紀恵さん)に話したところ、沙希が家で暴れて物に八つ当たり
したワケが一挙に解明。

池でおぼれて亡くなった子どもが、筧雅彦(高知東生さん)の血を分けた
実の子どもなのは分かりました。ただ、沙希(仲間由紀恵さん)が産んだ子
かどうか、はっきりしてないですよね。

しかし、公園の木の下で、沙希は子どもと二人の写真を撮るよう、バイト店員の
松井理生(南圭介さん)に頼んでいる回想シーンがあったので、亡くなった
子どもは、筧雅彦(高知東生さん)と沙希(仲間由紀恵さん)の間に出来た子と
見るのが自然でしょう。

それでも解せないのが、前回、絵里子(檀れい さん)が池に花束を持って
行った時に出会った女性、おそらくは筧雅彦(高知東生さん)の愛人も
ハンカチで涙を拭くなど、ひどく悲しんでいたことです。

なので、あの女性は愛人ではなく、筧雅彦(高知東生さん)の妹か何かで、
妹から見ると亡くなった子どもは甥っ子であるなどが想像できます。

病院で、筧雅彦が絵里子に「妻が授かりまして」と言っていたのは、
池に居た女性とは別人で、正式には妻ではなく、まだ愛人なのかと思えます。

「ああ、なるほどそういうことかぁ」などと言いながら、まだナゾな部分が
多いですね。もちろん次回も見ますよ。   


Posted by じろう at 06:26Comments(0)