ギルティ 最終回(第11話) 感想

 
2010年12月22日/ ギルティ
フジ系ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」最終回(第11話)の感想ほか。

ギルティ

つまるところ、三沢豪(津嘉山正種さん)という政治家の息子である三沢準(柏原収史さん)
の犯した無差別殺人を、父の権力でもみ消したというのが毒ケーキ殺人の全容でした。
その犯人に仕立て上げられたのが野上芽衣子(菅野美穂さん)です。

芽衣子を陥れた人たちを次々に復讐で抹殺してきた芽衣子は、ついに黒幕の三沢親子へ
復讐を実行に移す時がやってきます。

折りしも、三沢準は父の豪からしばらく身を隠すよう命令されていました。
三沢豪の資金管理団体の不正な金の流れが発覚しそうになり、三沢豪の秘書である
息子の準を捨石にして疑惑を背負わせるつもりでした。

父の豪は「15年前の事件で無期懲役になったと思えば、これぐらいどうでもないだろう」
と息子の準に言い放ちます。加えて堂島の書いた原稿も奪えと指示。
そんな父へ準は憎しみをつのらせます。

榎本万里(吉瀬美智子さん)から、野上芽衣子(菅野美穂さん)が宇喜田(吉田鋼太郎さん)
に渡したUSBメモリーの中身を見せられた真島拓朗(玉木宏さん)は、
「三沢準、次はあなたの番よ」と復讐を予告する写真などを見て捜査一課を飛び出します。

三沢の家へ到着するものの、どうすることも出来ない真島に、ホームレス風の男が
デジタルカメラを渡します。そこには、堂島基一(唐沢寿明さん)からの動画メッセージ
が入っていました。

「真島ちゃん、これを見ているということは、オレも宇喜田もくたばっちまったということかな」
とはじまり、毒ケーキ事件の黒幕が三沢豪と息子の準であることを明かします。
今さら言われても、ちょっとタイミングが遅いような気がしますけど・・・

そこへ三沢準と芽衣子が登場、二人は和解したと言って、引き止める真島を
追い払って家の中へ消えていきました。

芽衣子は、準が父の豪を恨んでいるのを利用し、豪の酒に毒を盛り毒殺させます。
ここまであんなに黒幕を探し出すのに必死だったのに、案外あっさり殺されて
しまいましたね。

父が自殺したと通報したため、三沢邸は警察が入り乱れて大混乱になります。
その隙に芽衣子は三沢邸を脱出するのでした。
その次は、堂島の書いた原稿を準に渡す約束をしていました。

原稿の受け渡し場所は、15年前に芽衣子と準の通っていた桜葉館高校。
拳銃を持って乗り込んだ三沢準は、最初から芽衣子を殺すつもりでしたが、
芽衣子もそんなことは当然見越していました。

誘い込んだのは理科室。「ここで拳銃を撃てば部屋ごと吹っ飛ぶわよ」と薬品類に
目配せして準に言うと、なぜ15年前にあんな事件を起こしたのかと問い詰めます。
すると、「どれだけの人間が、自分のために動いてくれるか確かめたかった」と告白。
「そのためなら犠牲になるのは誰だって良かった」と続ける三沢準に怒りを震わせ
ながら、薬品の入ったビーカーを投げつけ、部屋から走り去る芽衣子。

芽衣子を追いかけて、銃を何発も撃つ三沢準。
ついに行き止まりになり、手を挙げて降伏したかのように見えました。
草むらを芽衣子に向かってにじり寄る準。
するとそこには落とし穴があり、そこに三沢準は落ちてしまうのでした。

水道の設備のようなその穴は、上に鉄格子の蓋があり、それをすぐに閉めて
水を流し込む芽衣子。命乞いをする準ですが芽衣子は聞く耳も持ちません。

そこへ真島(玉木宏さん)が駆けつけますが、芽衣子は近くに落ちていた
ガラスの破片で自害しようとしていました。
それをすんでのところで止めた真島は、
「野上芽衣子、殺人容疑で逮捕する」と彼女に手錠をかけました。

そこへペットサロンのオーナー小山内琴美(横山めぐみさん)がやってきます。
実は、琴美は三沢豪の娘であった。琴美の母は、琴美を妊娠していたが、
三沢豪は自分がのし上がるために琴美の母を捨て、準の母親と結婚。
それを恨みに思っていた琴美は、三沢準に
「あなたが一体どれだけの人間を動かせるというのか」とけしかけたと告白。
「そんな・・・」と泣き崩れる芽衣子。

真島は芽衣子に母親に会うように勧め、母親の居る養護施設へ。
芽衣子の母は芽衣子を邪険にしていましたが、現在は痴呆で芽衣子を見ても
芽衣子の姉と間違えてしまいます。
姉に語りかけるように昔語りをはじめた母は、「芽衣子に申し訳ないことをした」
と言いはじめます。それを聞いた芽衣子は涙を流すのでした。

母に会わせるにあたって、手錠をはずしていたため、真島が少し目を離した
隙に芽衣子は逃走します。

いつも芽衣子が訪れていた、街を一望できる高台の公園。
真島は、芽衣子がそこへ行ったと直感して急ぎ向かいます。
するとまさに服毒してひざから崩れ落ちる芽衣子を目にします。
急いで彼女を抱き起こす真島。
苦しみもだえながら、「あ・い・し・て・る」と言い残して事切れる芽衣子。
その芽衣子に口づけする真島。

~終~

事件に関わった人間全てに復讐を遂げたと思いきや、ペットサロンの琴美さんが
三沢準をけしかけたことが判明。唯一の生き残りですね、琴美さん。
何だか急にとってつけたような設定のようにも感じますが。
だけど、なぜ琴美さんがあんなに芽衣子に親切だったのか不思議だったので
元々考えられていたのかも知れません。

これがリアルな話だったら、十数年も服役して、さらには服毒自殺で死ぬとは
なんとお気の毒な人生。
テンポ良く復讐を遂げていく前半が、スリリングで楽しかったですね。
JUJUさんの主題歌も良かった。

  


Posted by じろう at 20:38Comments(0)

ギルティ 第10話 感想

 
2010年12月15日/ ギルティ
フジ系ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」第10話の感想など。

ギルティ

今回は野晒しの駐車場と、警視庁内部の2箇所で銃撃戦があり、息をのむ展開
で楽しめました。榎本万里(吉瀬美智子さん)は、防弾チョッキを着ていたという
ことなんですね、駐車場で宇喜田(吉田鋼太郎さん)に撃たれた時に。

さて、宇喜田(吉田鋼太郎さん)とその親玉の政治家親子は、堂島基一(唐沢寿明さん)
の書いた原稿を渡せと、執拗に野上芽衣子(菅野美穂さん)に迫ります。

ただ、このご時勢、電子データになったものなど、たとえマスターデータを抑えたところで
コピーされまくって隠されてるかも知れないし、万が一のため、信用できる人へ
複製を電子メールや郵送で渡しているかもしれないからどうでしょう。

捜査一課で芽衣子は宇喜田に2人きりになった(実際には榎本万里が潜んでいた)
と思わせ、宇喜田にペラペラしゃべらせて、それを内線で警視庁記者クラブに
いる人たちに聞かせていたのはさすが。

芽衣子が、無計画にひとりで対峙すると思った宇喜田の方がマヌケでした。
その後、潜んでいた榎本万里が飛び出すも、呆気なく宇喜田にやられて
しまって役に立たず。

真島拓朗(玉木宏さん)が密室状態の捜査一課のドアを蹴破り、芽衣子を楯にする
宇喜田に向けて放った銃弾が肩に当たります。
「全ての罪を認めろ」と言う真島に、宇喜田のような悪党が聞く耳を持つ筈もなく、
その後、銃を向け合ってにらみ合いに。

その均衡がほんの一瞬崩れた時、2人は銃を発射、宇喜田の胸に銃弾が
突き刺さります。真島には弾は当たってない様子。
(先に真島の弾が当たって宇喜田は撃てなかったのかも)

あの至近距離からだと、宇喜田の体を貫通して、後ろの窓ガラスも割れる
ような気がするけどまあいいか。

誰も「救急車!」と叫ばず、宇喜田は苦しみながら元の自分の机のイスに
座って、両脚を机の上に投げ出すのでした。そして、口から大量の血を吐いて
事切れます。

今期のドラマは、全8話や全9話で終わるものが多かったですね。
だから、この「ギルティ」は第10話の今回で最終回かと勘違いして見ていました。
時間延長も無く、残り時間わずかであの政治家親子を、どうやってお仕置き
するのかと思いきや、次の第11話が最終回でした。
私の勝手な勘違いでもう1話分楽しめそうです。
  


Posted by じろう at 22:26Comments(0)