犬を飼うということ 最終回(第9話) 感想

 
2011年06月11日/ 犬を飼うということ
テレビ朝日系ドラマ「犬を飼うということ スカイと我が家の180日」最終回(第9話)の感想など。

犬を飼うということ

ついに最終回、ポメラニアンのスカイツリー(通称:スカイ)がどうなるか、おおよそ
察しはつきましたが・・・

大事は無かった幸子(水川あさみ さん)が病院から帰宅すると、スカイが見当たらない。
家の中を探して見つけますが、スカイの病状はかなり悪化している様子。

さっそく獣医の奈良橋(杉本哲太さん)の元へスカイを連れて行きます。
奈良橋は、「たかがペットだと思うかもしれないが、家族を呼んだ方がいい」と告げます。

眞子(久家心ちゃん)と大(山崎竜太郎くん)は駆けつけることが出来ましたが、
勇次(錦戸亮さん)は仕事で抜け出せそうにありません。

そしてついに、スカイは黄泉の国へ・・・・
仕事が終わり、急いで奈良橋の病院へ向かう勇次ですが、その途中で携帯電話が
鳴り、スカイの訃報を知らされるのでした。
街行く人が行き交う中、勇次は人目もはばからず、涙を流します。

スカイの亡骸を連れ帰る幸子と大と眞子に、勇次は団地の前で合流します。
皆で家へ戻ると、大がメモを見ながら何やら準備をはじめました。
奈良橋から、今後どうするかアドバイスを受けたメモのようです。

スカイのための祭壇を作り、線香をあげ、手を合わせる本郷一家。
翌日、奈良橋から聞いたペットの斎場で、スカイを火葬にしました。

眞子が学校へ行くと、金持ちの娘・静香(庵原涼香ちゃん)が転校の手続きをして
いました。父の経営する会社が倒産し、遠くへ行くことになったようです。

土手で静香にスカイが死んだことを告げる眞子。
「お宅の犬とも遊んであげてもいいわ」と、上から目線で傲慢な物言いだった
けれど、本心ではスカイと遊びたかった静香はスカイの死を聞いて泣くのでした。

獣医の奈良橋が本郷家を訪れ、すき焼きをすることになりました。
だけど、すき焼きなのに肉は無いと言う。
すると、クロスロードのマスター(風見しんご さん)と、川島(武田航平さん)も
本郷家へやってきます。彼らは奈良橋に頼まれた食材を手にしていました。

そこへ窪田(泉谷しげるさん)も合流し、すき焼きパーティーがはじまります。
肉の代わりに使うすき焼きの食材は、鱧(はも)と松茸でした。
文句を言っていた窪田も、それを口にすると「おいしい」と満足げ。
確かに見ているだけでもおいしそう。

夕食会の途中、勇次から「会社の取締役に就任した」と発表が。
さらに、建設中の東京スカイツリーの清掃作業を、勇次の会社が受注したと嬉しい
報告が立て続けに勇次からありました。

眞子は、スカイツリーの掃除をするのが夢だったから、勇次に先を越されたと
ふて腐れますが、将来、勇次の会社の社長になれと窪田らにけしかけられます。
そこで、大の将来の夢は何なのかと問うと、獣医だという。
感激した奈良橋は大を抱き上げ・・・

酔いつぶれて寝込んでしまう、奈良橋、マスター、川島、窪田。
寝ている彼らをよそに、後片付けをする本郷一家。
「これでスカイの死んだ悲しみの気が紛れたな」と幸子に言う勇次。

幸子は、いつの間にやら勇次の清掃会社の事務員として働いていました。
社長にまで、入金の遅い取引先へ入金の催促をするよう厳しく指示する幸子に
「お前のカミさん、けっこうキツイな」と勇次に言う社長。

すると、幸子が産気づき、急いで病院へ連れて行くことになります。
またタイミングの良いことに、堀田(田口淳之介さん)がBMWで通りかかり、
堀田の車で病院まで連れて行きました。

出産を待つ、勇次、大、眞子、そして堀田。
「実は、高校時代にさっちゃんに片思いしていまして…」という堀田ですが、
幸子を心配するあまり、聞こえていなかった様子の勇次。
堀田は先に帰っていきました。

幸子がついに出産。すると女の子の双子でした。
子どもが四人になった本郷家。
「今までの2倍お金がかかる」という幸子に、「今より2倍頑張れる」という勇次。

悲しみからスカイの話題は避けるのではなく、良い思い出として積極的に話そう
ということに。

最後、スーパーの福引ではハワイ旅行は当たらず、5等のティッシュでしたが、
大団円の結末でした。
スカイは死んでしまったけれど、前向きな内容で良いドラマだったと思います。

▼主題歌
関ジャニ∞「マイホーム」

▼出演者(敬称略)
錦戸亮(NEWS/関ジャニ∞) 水川あさみ 田口淳之介(KAT-TUN) 久家心 山崎竜太郎 武田航平 風見しんご 鹿沼憂妃 杉本哲太 泉谷しげる 大島蓉子 森脇英理子 庵原涼香 大森暁美

  


Posted by じろう at 06:21Comments(0)

犬を飼うということ 第8話 感想

 
2011年06月04日/ 犬を飼うということ
テレビ朝日系ドラマ「犬を飼うということ スカイと我が家の180日」の第8話の感想など。

犬を飼うということ

次回の第9話が最終回なんですね。

スカイの様子がおかしいと、動揺しながら言う眞子(久家心ちゃん)の言葉に家族は
スカイの元へ集まると、スカイはへたり込んで立てない様子。
さっそく獣医の奈良橋(杉本哲太さん)へ診せに行きました。

すると、「抗がん剤の副作用が出たのだろう」とのこと。
獣医の奈良橋は、眞子と大(山崎竜太郎くん)に夏休み返上でスカイの面倒をみるように
言います。

勇次(錦戸亮さん)は、勤務先の清掃会社の先輩から、ビル清掃の会社立ち上げに
加わってくれないかと誘われ、収入が不安定になるのを覚悟してその話を受けました。

幸子(水川あさみ さん)は、堀田(田口淳之介さん)に借りた50万円を返そうと待ち合わせ
たら、貧乏人には場違いな店でランチを共にすることに。
食事代は堀田が払ったんでしょうね。堀田の幸子への親切ぶりが、その・・・

勇次と幸子の留守中に、勇次の元勤務先の先輩・窪田(泉谷しげるさん)が団地へ
来ていて、眞子と大は、「知らない人じゃないから」と家へあげて一緒に遊んでいました。

窪田は末期がんだった妻が他界したことを告げ、死の直前にスカイと妻が散歩した
写真を見せたくてやって来たと、写真を見せます。
しばらく皆で写真を見ながら、在りし日の思い出の余韻に浸りました。

そこへ、獣医の奈良橋から電話があり、スカイをこれから連れて行くとのこと。
その電話に窪田が割って入り、ついでに買い物を頼みます。

窪田が奈良橋に頼んだのは、「すき焼き」用の肉などで、本郷家ですき焼きを囲んだ
夕食をとることになりました。すき焼きの作り方にうるさい窪田と奈良橋は、
ああでもないこうでもないと言い合いますが、窪田が主導権を握ることに。

夕食後にトランプをして遊ぶ、窪田や奈良橋、子どもらを見て、台所で片付けをして
いた幸子は涙ぐみます。こんな幸せな光景を見られるとはと、感極まってのことでした。
そんな幸子をグッと抱きしめる勇次。

帰り際、窪田は本郷夫妻に通帳と印鑑を渡し、「これを自由に使ってくれ」と言うのでした。
それは、妻のがん治療に使うための退職金でした。しかし、妻が抗がん剤治療を拒み、
ホスピスへ入って他界したため、もう使う当てが無いと。

「受け取れない。気持ちだけで」と断る本郷夫妻に、奈良橋は
「この方は今日はじめて会った人だけど、好意は受け取っていいと思うぞ」と口添えします。
ただし、窪田は条件があると言います。
条件は、「月に一度、オレを呼んですき焼きをすること」でした。

それでありがたく受け取ることにしたら、口座には300万円ほどありました。
一人暮らしの老人が寂しさを紛らわすには安いものかも。

スーパーへ買い物へ行くと、畑山芳子(森脇英理子さん)と娘の静香(庵原涼香ちゃん)
を見かける幸子と大。幸子の元同僚・三村(大島蓉子さん)が打つレジで、
クレジットカードが使用不能だと告げられると、怒ってスーパーを出て行きました。

三村によると、畑山芳子の夫が経営する会社が倒産したらしいとのこと。
やはり、裕福なのをひけらかすヤツにはお仕置きが待っていました(笑)

スカイを散歩させていると、同じく犬を散歩させている団地の自治会長(渡辺哲さん)に
出会います。その犬は、娘の家で飼っている犬でした。
犬種は何とかブルドックで、こわもての渡辺哲さんのイメージにピッタリ。

犬は嫌いじゃない様子の自治会長ですが、「団地で犬を飼うこととは別問題だ」と
本郷家に釘を刺すのを忘れませんでした。

事実、団地の自治会に呼び出された本郷夫妻は、自治会長から
「賃貸契約の更新はせず、今年の12月末までに退去してもらう」と通告されます。
気色ばむ幸子に対し、勇次はその通告に「ありがとうございます」と言うのでした。

団地から見える建設中の「東京スカイツリー」の完成予定が12月なので、
東京スカイツリーの完成までは居られるという意味での「ありがとうございます」
なのでしょう。

おそらく、窪田から預かったお金で引っ越すんじゃないでしょうか。
次回の最終回、本郷家はどうなるのか楽しみです。
でも、スカイは・・・

▼主題歌
関ジャニ∞「マイホーム」

▼出演者(敬称略)
錦戸亮(NEWS/関ジャニ∞) 水川あさみ 田口淳之介(KAT-TUN) 久家心 山崎竜太郎 武田航平 風見しんご 鹿沼憂妃 杉本哲太 泉谷しげる 大島蓉子 森脇英理子 庵原涼香 大森暁美
  


Posted by じろう at 19:30Comments(0)