爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル2012/03/24 感想

 
2012年03月25日/ ものまね番組

昨夜フジテレビ系列で放送された「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」の感想など

爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル

特に大きな構成の変化はありませんでした。
お笑い芸人のネタ見せもあっていいと思います。面白ければ。
ダチョウ倶楽部・寺門ジモンさんの吉田沙保里選手のモノマネ(見た目だけ)
が可笑しかった(笑)

出てくる人出てくる人みんながそっくりで、「おお、スゲー!」というワケ
にもいかないでしょうから、似てるかどうか微妙な人が居たり、コント仕立てな
ネタがあっても仕方ないかなと。

今田耕司さんが宮古島で発掘したという素人の女性の歌がうまかった。
倖田來未さんのモノマネでしたね。
そういう、才能があってもまだ埋もれている人が全国にはいるんでしょう。

さて、またもやってくれました、フジテレビのK国ステマ※。
日本でまだデビューもしていないK国のアイドルグループを、日本の小学生が
どうやって知り、振り付けをマネたのでしょう。不思議だ。
※ステマ:ステルスマーケティングの略

わざわざK国からDVDを取寄せたのか。しかも、当のK国ではヘソを見せる
仕草がNGで規制されたというではないですか。
ご本人たち登場で、モノマネをした小学生たちは号泣。ポカーンですわ。
まさに宣伝乙でした。

ジャクソン5(マイケル・ジャクソン)の「I Want You Back」のモノマネをした
小学6年生の女の子は上手かった。
父親が音楽関係の仕事をしているというから、コネ出演かな。それにしても
かなり練習しただろうし、素直に褒めたい。


直にお会いして握手もしたことがあるミラクルひかるさんは、JUJUさんの
モノマネをされていたけれど、私の知らない曲だったのが残念。
JUJUさんだったら、「Last Vacation」が好きです。季節はずれですが…。


松村邦洋さんは、昨年他界された滝口順平さんで「ぶらり途中下車の旅」の
ナレーションのモノマネ。木村拓哉さん出演のドラマ「南極大陸」のモノマネも
されましたが、できれば印象的な場面をそっくり再現して欲しかった。
木村拓哉さんに、見た目だけが似ている「もっぷん」は相変わらず面白い。

御本人登場は、退屈になるか嬉しくなるかは、その人によりますね。
「タッチ」は懐かしいので岩崎良美さんの登場は私にとっては嬉しかった。

他にもよく似ていて感心させられた歌マネもありましたね。
しかし、4時間は長かったです。

爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル 概要

毎回、さまざまなものまねタレント&芸人&芸能人の超豪華ものまねオールスターが紅白に分かれて大熱戦を繰り広げる『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』。今回もバラエティ豊富なものまねが登場する。

千秋による松任谷由実の「春よ、来い」、春香クリスティーンによるアンジェラ・アキの「サクラ色」、石本沙織・高橋真麻・本田朋子・松尾翠らものまね常連のフジテレビアナウンサーによるSPEEDの「my graduation」など、春にぴったりの名曲も多数登場する。

また、タカアンドトシの「ALWAYS三丁目の夕日」やハイキングウォーキングの『家政婦のミタ』など、毎回スタジオを盛り上げる芸人たちの映画やドラマのパロディも健在だ。

渡辺直美はきゃりーぱみゅぱみゅの「PONPONPON」、EXILEにそっくりの、ものまねEXILEによる「I wish For You」ほか、嵐、SMAP、2PM、少女時代のものまねなどアイドル対決も必見だ。

ガウは、2月に亡くなったホイットニー・ヒューストンの「I Will Always Love You」を見事に歌い上げる。

そして今回も人気コーナー、歌だけがそっくりな人が登場する「めざせものまね名人大集合!」や、声ものまね、形態ものまねができる人が登場する「ものまね大好きさん大集合!」、顔だけが似ている人が登場する「顔だけそっくりさん大集合!」が登場。

全国からオーディションを経て厳選されたものまねは見逃せない。「顔だけそっくりさん大集合!」では、ローラにそっくりな小学校3年生の女の子や、新婚の田中将大選手と、里田まいのそっくりさん、神田正輝のそっくりさんなどが登場する。

また、RAINBOWのものまねに挑戦した「ものまね大好きさん大集合」に登場したかわいらしい子供たちのために、RAINBOWご本人がかけつけるサプライズが!
ほかにも豪華ご本人登場!

▼出演者(敬称略)

(赤組)
AMEMIYA、安藤栄里子、いっこく堂、エハラマサヒロ、エリザベータ、大泉果愛梨、おおともりゅうじ、小澤かおり、オリエンタルラジオ、カール北川、ガウ、栗田貫一、清水アキラ、清水良太郎、竹内今日子、ダチョウ倶楽部、ダブルネーム、友近、2700、NON STYLE、ハイキングウォーキング、春香クリスティーン、ビューティーこくぶ、布施辰徳、FISHBOY、ほいけんた、松下卓也、松村邦洋、宮妃 彩、優木まおみ、ユージ、L.A.F.U.

(白組)
暁月めぐみ、AYU、石本沙織(フジテレビアナウンサー)、泉 クリス、大山英雄、川元文太、木村祐一、齋藤紀之、佐藤隆一、ジゴロー、島田ひでとし、スリムクラブ、Sophia、タカアンドトシ、高橋真麻(フジテレビアナウンサー)、楽 しんご、千秋、徳丸正弥、美脚スレンダーDX、本田朋子(フジテレビアナウンサー)、ますだおかだ、松井絵里奈、松尾 翠(フジテレビアナウンサー)、松本明子、松本和也、みっちー、みはる、ミラクルひかる、本橋 剛、もっぷん、森口博子、山本高広、よっしー、ロビン、我が家、渡辺直美、笑い飯

▼司会
白組: 今田耕司  高島彩  紅組: 東野幸治  中野美奈子(フジテレビアナウンサー)

▼審査員
片岡鶴太郎  高橋英樹  藤田朋子  優香  皆藤愛子  道端アンジェリカ  小川菜摘 ほか

  


Posted by じろう at 06:35Comments(2)

細かすぎて伝わらないモノマネ 2011/12/29 感想

 
2011年12月30日/ ものまね番組
昨夜、フジテレビ系列で放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」内の、
「細かすぎて伝わらないモノマネ」の感想など。

細かすぎて伝わらないモノマネ

正直、さすがに飽きてきたと感じました。
次回やるときは、半年以上の間隔を空けて新ネタ満載で勝負して欲しい。
だけど、何回見ても面白いネタもあります。
見るだけの素人は好き勝手言いますね(汗)

前回は、「細かすぎて伝わらないモノマネ」のパートを分断せずに一気に
やり切ったので、その点を評価していましたが、今回はコーナーを分断して
間に「モジモジ君」のコーナーを挟んできたのが感心できない。

ただ、今回の出来栄えからして、分断せず前半にやり切ると、「モジモジ君」の
コーナーが見てもらえなかった可能性もあります。

私もまんまと戦術にかかったクチで、「モジモジ君」のコーナーも見ましたよ。
「細かすぎて」の残りが気になったので。

大笑いしたのが、ヒモを切ると、吊るしてある金ダライが落ちてくるコーナー。
あのゲーム自体で笑ったのではなく、ビートたけしさんが冒頭に話した
エピソードに腹を抱えて笑いました。

トイレにて、隣で用をたしていた人がし終わり、その人が男性器を振って
しずくをきっていた一部が飛んできて、たけしさんの目に入ったとのこと。

「殴ってやろうかと思った」と言っていましたが、確かに他人のおしっこが
自分の目に入るなんて最悪(笑)人ごとだから笑えるんですけどね。

さて、モノマネの話題に戻りまして、団体戦がかえって良くなかった
のかなあという印象。

私は、ひとりひとりのネタを、じっくり見たかった気がします。
2~3人程度のグループネタならいいですけど、あまりに大人数になると
個々人の良さが薄まってしまうと思います。

あとは逆に、さして面白くないのに長く引っ張って見せていたネタが
テンポを悪くしていた気がします。
ストンとテンポ良く出場者を床下へ落下させるのが、この番組の
特長でしょう。

そして、これは全く個人的な事情ですが、プロレスとサッカーは興味が
無いので全く笑えませんでした。K国の軍隊も同じく。

次回はオーディションをして新しい人を発掘して、レギュラー陣と
競わせて欲しいですね。

  


Posted by じろう at 06:30Comments(0)