軍師官兵衛 笑ってはいけない 所感

 
2014年12月31日/ TVドラマ
軍師官兵衛

「更新の頻度を上げる」などと言っておきながら、12月はこの記事のみ(汗)
しかも、大晦日になって慌ててですからね。
いろいろ忙しくて・・・

さて、軍師官兵衛、終わってしまいました。
やはり、色んな部分を端折りまくりでした。

画像をキレイに見せる、リアルに見せる技術は年々上がってきているというのに、
話はつまらなくなってきているという反比例。

独眼流政宗とか、武田信玄とかの方が面白かった。
軍師官兵衛も、せっかくの戦国時代モノだったのに・・・

来年は「花燃ゆ」という幕末を舞台にしたものらしい。
主人公が、吉田松陰の妹という地味な人物。

その主人公は、井上真央さんが演じます。
彼女は、個人的に応援したい女優さんだけど、
たぶん来年の大河ドラマの視聴は1年お休みかな。

NHKのプロデューサーだかディレクターだか忘れましたが、
「花燃ゆ」についてのインタビューを読んだら、
ますます見る気が失せました。

大河ドラマは、ほぼ毎年、戦国時代をやればいいのに。
主人公にしたら面白そうな戦国武将がたくさんいますよ。

ということで、大河ドラマがつまらないなら、
自分で歴史を塗り替えろ、ということで、これから
「信長の野望 創造 with パワーアップキット」のプレイに燃えます。

なので、今年は、「笑ってはいけない」は見ません。
今回は刑務所(監獄?)が舞台のようですね。
このシリーズもマンネリ化してきました。
また、山崎邦正が蝶野ビンタをくらうんでしょう。

今年は大河ドラマ以外のドラマをほとんど見ませんでした。
「ドクターX」は視聴率が良かったらしいですが、1話も見ませんでした。
第2シリーズまでは見てたんですけど。
レンタル化したら借りて見ようと思います。

「信長協奏曲」は途中脱落しました・・・
朝ドラは全く見ないので、「あまちゃん」くらいから一気に
見てみようかなあ。

来年も仕事が忙しそうなので、
大河ドラマも見ないとなると、ドラマ全滅か・・・
書くことがなくなってしまう。

とりあえず、今年はこれまで。
良いお年を。
  
タグ :軍師官兵衛


Posted by じろう at 19:35Comments(0)

信長協奏曲 第4話の感想など

 
2014年11月04日/ TVドラマ
結局、第2~3話を見ずに、いきなり第4話を見てしまいました。

どうやら、斎藤道三(西田敏行さん)も現世からタイムスリップしてきた人のようで、
現世では警察官をしていた模様。

桶狭間の戦いも終わっており、そのことについて触れたとき、
「あれはオレじゃないから」とサブロー=信長(小栗旬さん)が言っています。

なので、本物の信長(小栗旬さん二役)が、日本史の教科書を読んで
そのとおりに今川義元を討ったと推察しました。
今川義元の役って誰が演じたのだろう?

がっかりしたのが徳川家康(濱田岳さん)。

大河ドラマ「軍師官兵衛」では、栗山善助を好演しているのに。。

あまりにもノリが軽すぎる。

せめて信長に謁見した際に
「麗しきご尊顔を拝し奉り、恐悦至極に存じ奉りまする」
くらいは言って欲しい。

そしたらサブロー信長が、
「いいのいいの、そんな堅苦しい挨拶なんてさ」とか言えば、
落差をより一層感じて面白いのに。
これが「月9枠」の呪縛か・・・

そう考えると、池田恒興の向井理さんも、現代劇とさほど変わらぬ演技ですね。
かっこいいけど。
脚本がそうなら仕方ないとも言えますが。

おお、そういえば、深夜ドラマ「高校入試」で、東大卒の国語の先生を
演じていらした役者さんが、織田家の重臣で出てますね。
ごめんなさい、名前忘れました。
「高校入試」は長澤まさみさんの出てたドラマです。

  


Posted by じろう at 12:34Comments(0)