ガールズ&パンツァー 最終章 第1話 映画館で見てきた感想

 
2018年01月24日/ アニメ映画
ガールズ&パンツァー 最終章 第1話

観たいとは思ってましたが、上映館が少ない。。
なので、クルマで1時間くらい走った先の映画館まで観に行きました。

それが面倒くさくて腰が重かったのですが、上映スケジュールを見ると、
1日の上映回数がみるみる減っていくので、打ち切られる前に慌てて観に行きました。

全6話とのことですが、私は1か月に1話で、半年くらいで終わるのかと思ってました。

ところが、YouTubeでネタバレしないよう感想を述べてられたアニメ通の方が、
おそらく半年に1話ずつのペースで、
3年くらいかけて終えるのではないかと予想を立ててました。

そうなりますと、長く楽しめますが、できれば早く次が見たいです。

私もこれから観に行く方たちの邪魔をしない程度に。


彼女らの闘う理由ですが、さすがに廃校を免れるためではありません。
かといって、地球を救う、日本を救うといった壮大なものでもなく。。
それは見てのお楽しみですw

元・生徒会広報の河嶋桃が照れくさそうにPanzer Vor! と言って第一回戦が始まります。
おっと、これ以上はネタバレになってしまいますので。

新生徒会三役が決まった過程は、言っちゃっていいのかな?
念のため言わないでおきます。

しかし、TVシリーズ、OVA、劇場版だけしか見てないと、
なぜ新会長が彼女で、新副会長が彼女で、新広報が彼女で、
の理由が分からない気がしますが。

私はYouTubeでドラマCDを聞いて、新生徒会三役が決まる過程を知りました。
売ってたものなら申し訳ないです。
YouTubeは無法地帯ですね。
でも、TVシリーズから劇場版までは、ちゃんとお金払って観ましたよ。


さて、最終章の第1話は、TVシリーズに換算すると時間的に2話分にあたると思いますが、
まだあれだけしか話が進んでないなんて、あと5話でどう終わらせるのだろう。

またも「これが本当の〇〇戦です」とかスピンオフで描いて、
本編では結果だけで終わる対戦相手もあるのかなあ。

ユーチューバーの方も、最終の第6話は90分~2時間くらいの長さにするのでは?
と予想を立ててましたので、今回の進み具合をみるに、さもありなんと思いました。

大洗チームに新たな戦車と乗員が加わったので、
既存のキャラの影が薄くなった印象。
それは仕方ないですかね。

音響にこだわりがあるわけでもなく、戦車マニアでもないので、
第2話以降は、DVDやBlu-rayになってから買うなり借りるなりして
一気に見るのもアリかなと思いました。

せめて市内の映画館でやってくれよー
往復のクルマ運転時間の方が上映時間より長いのは勘弁して欲しい。。
ええ、薄っぺらなファンです。

ただ、楽しかったのは間違いないです。
結局、第2話も映画館に行くのかも。
  


Posted by じろう at 19:28Comments(0)

劇場版アニメ「コクリコ坂から」の感想

 
2013年01月13日/ アニメ映画

日本テレビ系で放送された映画「コクリコ坂から」の感想など

コクリコ坂から

この映画は見ていなかったので、「テレビで放送してくれてラッキー」とばかりに
見てみました。

先に見終えた感想ですが、私には良さがよく分かりませんでした。
少なくとも「めちゃくちゃ面白かった!また見たい!」とは思えませんでした。

私は頭が弱いので、登場人物の関係や設定に想像をめぐらし、恐らくこういう
ことだろうと追っていくので精一杯。

主人公の海にしても、学校では「メル」と呼ばれていて、多分あだ名なんだろうと
思いながらもモヤモヤしたり、自宅?で食事の支度や洗濯などの家事をさせられて
いるのはなぜだろうと考えてしまったり、ストーリーを楽しむ余裕が私には
ありませんでした。

海が好意を寄せていた先輩の風間は、海と兄妹の関係ではないかと知ると、
海と距離を取るようになりますが、最後は血の繋がりは無いと判明。
(合ってますよね?)

頭の中の混乱が治まらず、「二人は恋仲になってもいいんだね、おめでとう」
と祝福するほど感情移入が出来ませんでした。

アホなのは認めますが、小さい子どもよりは読解力があると思っているので、
お子さんは、見ても「ポカーン」な状態だったと思われます。

時代背景からして、私よりももっと年上の方々がご覧になったら、懐かしさを
感じたり共感できる部分も多かったのではないでしょうか。
期待していたのでちょっと残念でした。

▼声の出演者(敬称略)
松崎 海 - 長澤まさみ/風間 俊 - 岡田准一(V6)/松崎 花 - 竹下景子/北斗美樹 - 石田ゆり子/広小路幸子 - 柊瑠美/松崎良子 - 風吹ジュン/小野寺善雄 - 内藤剛志/水沼史郎 - 風間俊介/風間明雄 - 大森南朋/徳丸理事長 - 香川照之/松崎 空 - 白石晴香/松崎 陸 - 小林翼/海の友達 - 手嶌葵

▼原作 - 高橋千鶴、佐山哲郎『コクリコ坂から』(角川書店刊)
▼企画・脚本 - 宮崎駿
▼監督 - 宮崎吾朗

コクリコ坂から [DVD]コクリコ坂から
  


Posted by じろう at 19:40Comments(2)