小学生の時の心霊写真ブーム

 
2009年11月26日/ その他
小学生の時に、心霊写真がブームでした。
年がばれちゃうね。

友人のMくんが、そういうの好きで、
恐怖の心霊写真集 みたいな本持ってたなあ。

あと、つのだ☆ひろ じゃなくて、
つのだじろう の「恐怖新聞」とか「うしろの百太郎」
もM君からよく借りて読んだっけ。

「あなたの知らない世界」なんて番組もあったよなあ。

だけど今は、これが心霊写真ですって見せられても
あんまりな~んも感じないです。

というのも、画像処理ソフトをある程度扱えるので、
「こんなんだったら自分でも作れるかな」
と思ってしまうから。

幽霊なるものを恐がっていた子ども時代だったけれど、
今なら大歓迎ですよ。

あの世はどうなってるの?
そもそも死後の世界なんてあるの?

今、何であなたの姿が見えてるの?
私の脳をハッキングしたからなのか?

今僕は声を出してあなたと話してるの?
それとも、攻殻機動隊の電通みたく、
意識の中で会話してるの?
自分じゃあ声を出してるつもりだけど。

・・・などなど質問攻めしたい。

そりゃあ、会ったらちょっとはビックリするだろうけど。

でも、そのビックリは、
ドアを開けたら人とぶつかりそうになった時とかの
ようなビックリ感と同じだと思う。

強がって言ってるわけじゃなくて、夜に墓場へ行け
と言われても、今なら平気で行けそう。

そういえば、昔お化け屋敷でバイトしたことがあったけど、
作り物や人間が仮装してるって分かりきってるから、
お客さんがキャーキャー言ってるのは、
急に何か出てくるビックリ感なんだろうね。

こっちは驚かす側だったのですごく楽しかった。

というわけで、ど~んと来い超常現象。
上田次郎(笑)
  


Posted by じろう at 07:04Comments(0)