最近やらないね、UFO特番

 
2009年11月27日/ その他
心霊写真と同じく、UFOもブームがありましたね。

矢追純一UFO特番 最近やらないけど何故でしょう。

UFOと言えば、ビートたけしのTVタックルで、
早稲田の大槻教授とたま出版・韮澤氏のバトルが見ものですが、
いつもボコボコにやり込められる韮澤氏のお陰でウソ臭く
なっちゃったのかなあ。

昔のUFO特番おもしろかったのに。
今やったら僕は絶対に見たい。視聴率取れる気がする。

本物かどうかなんていいんですよ。
地球外の遠い星から生命体が来ているかも、なんてワクワク
するじゃないですか。
(幽霊は昨日思いっきり否定しておいて、自分でもなんか矛盾)

昨日、心霊写真の話で述べましたが、静止画なら僕でも
ある程度心霊写真風のもの作れそうです。
だけど、激しく動く動画となると、
ニセモノを作るにもかなりの労力が必要だから、
UFO映像は信憑性が高いのかな、と思ってしまう。

ただこれは、経験の問題があるかもしれない。
動画編集ソフトなどを駆使できる人にはUFOっぽい映像を
作るなんて簡単なことで、
「あんなのすぐ作れるよ、UFOなんてウソ」
という感覚になるのかも。

静止画、動画にかかわらず、デジタルデータが当たり前に
なってしまった今では、ニセ物が簡単に作れそうで、
信用性に足らないと感じる人が多くなってきているのかな。

UFO特番で、「コダック社に鑑定を依頼したところ、
~~~という事実が判明した」なんてナレーションが入ると、
「おお~、本当っぽい!」なんて見てたのが懐かしい。

あと「マジェスティック12」なる秘密の組織が存在し、
物理学の権威、米軍の将官など12名で構成されUFO問題を
秘密裏に研究や隠蔽工作を行ってきた、っていうのが
たとえウソでも聞いていて楽しいね。

本当かどうかなんて理屈は置いておいて、
また矢追純一UFO特番が見たい。
パパパ~ンというあのBGMが印象的でまた聞きたい。
YouTubeで探せばあるかな。

今回は全く漫画やアニメに関係ない話でした。
このブログサービス、「オタクの電脳blog」って名称だから
なんか自分の中で制約してしまってた。
今後は話題のジャンルを制約しないでおこう。
  


Posted by じろう at 07:14Comments(0)