TVタックル超常現象スペシャル

 
2009年12月27日/ バラエティ番組
今年もやりましたね、
TVタックル超常現象スペシャル。

体の悪い部分を言い当てるロシアの少女は
あまり面白くなかったです、彼女には悪いけど。

見世物小屋に置いてあった、河童のミイラの分析結果は
やっぱりね、という思いと同時に、
もう少し楽しませて欲しかった思いもあります。

あそこまで露骨に作り物だとねえ。
何らかの動物(猿とか)をベースに作っているのだろうけど、
精巧に出来ているとか。

心霊映像は、不思議だけれど不気味でしたね。
前に、心霊写真なんて僕レベルでも作れそうだから、
霊なんていない、みたいなこと書きましたが、
ああいう映像見るとちょっと怖いです。

アレ見させられた直後に墓場へ行けと言われたら、
ビビります、やっぱり。

UFO映像に関しては、目新しいものが無いし
面白くなかったですね。
宇宙人が、拘留されている部屋でストレッチ体操する
映像なんて、笑えたけど作りモノっぽかったですし。

この超常現象スペシャルは、いろんなジャンルを
詰め込み過ぎなのかも知れない。

心霊なら心霊、UFOならUFOで番組を作ったら
もっと色々見せてもらえそうなのに。

もっとも、1番組もたせるだけのネタが無いのかも
知れませんけどね。

大槻教授と韮澤氏のバトルも、だんだんマイルドになってきて
面白さが薄れてきたように感じました。

文句ばかり言いましたが、TVタックルくらいしか
この手の番組をやらなくなったので、
ぜひ続けてもらいたいと願います。
  


Posted by じろう at 17:48Comments(0)