アニメ版 働きマン

 
2010年02月05日/ TVアニメ
アニメ版の「働きマン」を借りて観ました。

1巻に収録の1~2話までですけどね。

借りた理由は、昨日書いたスカイ・クロラを借りたついで、
という理由もあるし、攻殻機動隊で少佐の役をされた
田中敦子さんが出ていらっしゃるというのもあります。

実際に観てみると、出番は少なくセリフも短いので、
「おお、少佐だ!」という感情の盛り上がりに欠けました。

アニメに限らず、ある時期にハマった演者さんを追っかける
ことってないですか?

「トリック」にハマった時は、阿部寛と仲間由紀恵の出演作を
追っかけ、「時効警察」にハマった時は、オダギリ・ジョーと
麻生久美子の出演作を追っかけたりして。

結局、その作品として楽しかったのであって、追っかけた
演者さんの出てる作品すべてが楽しくないですね。
よく考えると当然なのですが、その時は、その演者さんに
ハマって盛り上がってますので。


話がそれました。
「働きマン」ですが、これは原作のコミックを読むか、
菅野美穂さんが主演されたドラマ版を観る方がいいかなと
思いました。

原作のヒットで、アニメ化やドラマ化されたのでしょうけど、
このアニメに関しては、面白さを引き出せてないのかなあと
生意気にも思いました。

原作を読んでないので、原作が「この作品、ニガテ」となれば
別なんでしょうけれど。

しかし、作品によっては、原作よりアニメ版、ドラマ版の方が
好き、またはその逆もあるわけで…

私はワガママな視聴者ですね。
あまりにすっ飛んだ世界観の作品はニガテだし、あまりに
現実社会との乖離が少な過ぎても「ありそうな話じゃん」
と思ってしまうんです。

アニメ版「働きマン」に関しては後者に属するかと・・・

出版社の編集者という、現代社会との地続き感のある設定なので、
主人公がもっと「こんな人いないよ~」という演出なら
良かったのでしょうか。
たとえて言うなら「サラリーマン金太郎」のような。


原作コミックと、ドラマ版を機会があったら観ます。
  


Posted by じろう at 17:47Comments(0)