イノセンス、DVDで観ましたよ

 
2010年02月28日/ アニメ映画
映画「イノセンス」をついにDVDで観ました。

イノセンスは、士郎正宗 原作の漫画「攻殻機動隊」をベースにした
アニメーション映画です。


私は観るのを長らく避けていました。
理由は、多くの酷評を目にしていたからです。

先に感想を簡潔に言いますと、思ったより良かったです。

あまりに多くの「面白くない」という感想を目にしていたので、
期待せずに観たのがかえって良かったのかも知れません。

劇中に様々な箴言を引用しているのですが、中でも僕の心に刺さったのが、

人は概ね自分で思うほどには幸福でも不幸でもない。
肝心なのは望んだり生きたりすることに飽きないことだ。

小説「ジャン・クリストフ」ロマン・ロラン著より

「いいよなあ、あの人」
「この先、なんか人生でいいことあるのかな」

と他人をうらやんで自分と比較したり、日々の生活に辟易としていたので、
この一節は僕の心に響きましたね。


この映画で良いと思った点はまだ他にもありますが、
ほめるのはここまで(笑)

ここからは私の好みでない点を挙げます。

まずは、画面が終始暗くて陰鬱だったこと。
お祭りのシーンですら、あまり楽しそうに見えません。
映像としてはとても美しいですよ。
しかし、何かの狙いなら、何をメッセージとして
感じ取るべきか、頭の悪いボクには分かりませんでした。

音楽で言えば、お祭り?のシーンでも流れていた民謡みたいな曲が
どうも好きになれませんでした。
もっとはっきり言えば、薄気味悪かった。

あと、同じく押井守監督作品、1995年公開の映画「攻殻機動隊」でも
感じたことですが、何故に街並みが「香港」風なのか。
設定自体が香港ということなら納得なのですが・・・
うがった見方をすると、世界の人、とりわけ西洋人の思う東洋って
こんな感じだろうと、西洋人層のウケを考えているのかと。

背景の街並みは、極端に西洋風、和風、中華風でもない感じに
しておいた方が世界標準的なのではないかと…


本編のはじまる前に、トグサが「攻殻機動隊」の世界観を語る
のですが、こういう説明を入れないといけない時点で映画に
は向いていないのではないでしょうか。

攻殻機動隊を全く知らずに映画館でイノセンスを見た人たち、
お気の毒だなあ。


なんだか悪口ばかり言っているように聞こえますが、
攻殻機動隊の世界観を充分に予習してから観れば、
結構楽しめる作品だと思います。
  


Posted by じろう at 12:55Comments(0)

大庭実那子 ムウ・ラ・フラガ 共通することとは?

 
2010年02月15日/ その他
大庭実那子…フジ系ドラマ「眠れる森」の登場人物。中山美穂

ムウ・ラ・フラガ…ガンダムSEEDシリーズの登場人物。声:子安武人


共通するのは「記憶喪失」になっていたことなんですけど・・・

(注)ここからネタバレです。


眠れる森の最終回、船上結婚式で強い光を浴びてとうとう
15年前の記憶を取り戻し、新郎である濱崎輝一郎(仲村トオル)
を見て恐怖するも、大庭実那子は国府義春(陣内孝則)に刺されて
倒れている輝一郎の傷の手当てをする。

いやしかし、結婚しようとした男が家族を皆殺しにした犯人
と思い出してもなお、助けようとするもんですかねえ。

まあ、このドラマ全体の面白さを考慮すれば瑣末なことです。

ユースケ・サンタマリアが今と全然変わらない。
本上まなみが若くて美しい。

キムタク氏も含めると、この同級生3人組は全て死亡とは、
なんと悲劇的な。

最後の電車内のシーンの描写で、木村拓哉が演ずる
伊藤直季も亡くなったと捉えたんですけど。


さて、ムウ・ラ・フラガはSEEDの最後で、地球連合の戦艦ドミニオン
の発射したローエングリンから戦艦アークエンジェルを救おうと、
身を挺してモビルスーツ・ストライクを楯にするも爆発。
フラガ少佐のヘルメットが宇宙空間に漂う描写もあり、死亡した
ものと思いましたね。

ところが、SEED DESTINYではロード・ジブリールに
助けられていて、記憶を操作され?ネオ・ロアノーク大佐として
ジブリールの下で働くことに。

アークエンジェル側についた後、ザフトの戦艦ミネルバの
陽電子砲ターンホイザーからアークエンジェルを守るため
モビルスーツ・暁を楯にし、それをきっかけに過去の記憶を
取り戻します。

2つの物語からして、記憶喪失の人は、大量の強い光を
浴びると、失った記憶を取り戻すのでしょうか。


TV版ではSEED DESTINYのラストは、シンとルナマリアが
肩寄せ合い、陥落した要塞メサイアを向こうに見ながら
後ろ側からのカットで終えたように記憶しています。

ところが、4つに分けられた総集編では、TVシリーズ版の
ラストの続きがあります。

オーブとプラントは和解し、カガリ・ユラ・アスハと評議会委員の
握手するシーンがあるし、キラ・ヤマトはザフトの士官用の白服を
まとい、アスラン・ザラはオーブの軍服を着用しています。

ラクス・クラインが颯爽とプラント最高評議会の議場へ
入っていくシーンがあることから、おそらく議長に就任した
と想起させます。

マリュー・ラミアスとムウ・ラ・フラガは、オーブで
夕焼けを見ながら談笑。

そして、アンドリュー・バルトフェルドはその後ろで
寂しそうにコーヒーをすすっていました。

マリューとムウがいちゃいちゃする所で、居づらくないのか
と考えましたが。
ラクス・クラインがプラントへ戻ったのだから、バルトフェルド
もプラントへ戻ってもよかろうものなのに。
大の功労者だから、評議会の委員に抜擢されてもおかしく
ないように思うけどなあ。


SEED、映画版の製作が発表され、そしてその話は立ち消えに
なったようですが、映画はやめて正解でしょう。
総集編はやってしまったので、ファースト・ガンダムの劇場版
みたいな真似はできないですしね。

何はともあれ、「眠れる森」「ガンダムSEED DESTINY」
を一気に見て疲れました。
  


Posted by じろう at 00:48Comments(0)