天元突破グレンラガン ごめん・・・

 
2010年03月04日/ TVアニメ
天元突破グレンラガン をDVDで借りて観ました。

借りたのは1巻だけで、2話まで観たことになります。

2007年くらいにTV放映されて、結構人気だったようだけれど、
結論から申し上げると、私にはダメだった。

自分に小学生くらいの子供がいれば、我慢して一緒に
見続けられたかな。

試しに1巻だけ借りたことが、続きを観ない要因となっている
のかも知れない。
2巻以降も借りていれば、貧乏性なので観ずに返すのはもったいない
と我慢して観続け、あの世界観に慣れたかも。

何だろう、最近はオトナなアニメばかり観ていたからか、
なんだかすごくお子様向けに見えたんだよね。

加えて、ガンダム・シリーズを見続けたせいで、戦闘ロボットの
形態のすり込みが僕の中に起きていて、いわゆる「モビルスーツ」型
でない形状のロボットに対する拒絶反応があったとも考えた。

「未来少年コナン」でダイス船長が、プラスチック資源の採掘作業
の指揮で乗っていたロボットをご存知ですか?
あれを連想してしまいました。

絵も好みではなかったのですが、設定も現実社会との地続き感の
乖離が激しくて、受け入れられなかったのかも。
逆に「働きマン」のように、あまりに現代社会と設定が近すぎて、
普通にありそうな話のアニメも私にはダメだったですし。

そういう場合は実写のドラマで観る方が好みです。
実写ドラマの場合、現実社会と乖離が著しい設定のものを探すほうが
難しいですね。

最近、比較的めずらしかったのが「JIN-仁」でしょうか。
現代の医師が、江戸時代にタイムスリップする設定のドラマです。
でもまあ、時代劇と言えば時代劇ですし。
「スタートレック」くらいでなければ、現実社会と乖離が著しい
とは言えないのかも。


さて、天元突破グレンラガン、3話以降どうなるのかな、
と少しは思いましたよ。
ただ、敵のロボットから出てきた黒い毛むくじゃらの生物が、
「覚えてろよ」的なセリフを吐いて去っていったのを見て
「もういいや」と思ってしまいました。

グレンラガンのファンの方には申し訳ない・・・
何話まで観れば良いと思える、
といった転換点などありましたらご教授ください。
でも「掴みはOK」じゃないですが、最初に引き込まれなかったら
その人にとってはダメな気もします。
  


Posted by じろう at 12:47Comments(0)