笑った笑った、警部補 矢部謙三

 
2010年05月15日/ TRICK トリック
昨夜は「トリック」のスピンオフドラマ「警部補 矢部謙三」
の最終回でした。

いやあ、笑った笑った、笑えましたよ。

警部補 矢部謙三

事件の謎解き、解決の部分は短時間であっさりしてました。
しかし、このドラマに本格推理を求めるのは邪道。
散りばめられたギャグにこそ面白さを見出せるので、
これでOK。

矢部刑事が、犯人の投げた凶器をかわすためにのけぞるシーン、
映画「マトリックス」のパクリ、いやパロディで笑えました。

「瞼の母」なる教団でも、映画「20世紀少年」のパロディが。
20世紀少年3部作は堤幸彦監督作品ですね。

小沢真珠さんの昼ドラ風のセリフとか、細かいところでも
笑わせてくれます。

最終回の舞台は旅館で、スタジオジブリとその作品の
パロディになっているのですが、昨夜観て分かったのは、

旅館の名前:慈風林(ジブリ)
部屋の名前:豚紅の間(紅の豚)、破宇留の間(ハウルの動く城)

間違ってたらすみません、録画してないので。
答え合わせはDVDが出るまでのお楽しみ。

最後の最後、矢部の初代部下、石原達也刑事(前原一輝さん)が
久々にご出演。続編が期待できるんでしょうか。

さて、お待ちかねの「トリック新作スペシャル2」が
今夜21:00より放送。

おそらく、横溝正史原作、市川昆監督作品の「獄門島」と
「悪魔の手毬唄」のパロディがあるのではとみています。
「獄門島」にもご主演の、浅野ゆう子さんの怪演に期待します。

山田奈緒子の最後の決めゼリフは今回、
おみゃーのやったことは、オールクリアーお見通しだ!
のようです。言っちゃったらダメか。
  


Posted by じろう at 12:02Comments(0)