ガンダム0083スターダストメモリー

 
2010年06月14日/ OVA
ガンダム0083スターダストメモリー、DVDを借りて
全話観終えました。

私の気分が鬱(うつ)モードにある状態のためか、
名残り惜しい余韻が胸に残ることはありませんでした。

ネタバレになってもいいから、ウィキペディアで物語の概要
を読み、これは面白そうだと思って観始めたのですが・・・

この作品が好きな方は、恐らくアナベル・ガトーがカッコいい
と思うんでしょうね。
けれど私は、この作品で好きなキャラが一人も居なかった。

私の鬱状態、かなり重症かも知れませんなあ。

う~ん、私にはアナベル・ガトーの大義がどこにあるのか
よく分からなかった。
かの1年戦争で、多くの同僚や部下を失ったことからくる
地球連邦軍に対する敵愾心は理解できます。

とはいえ、核兵器を使用してまで旧ソロモン宙域の地球連邦艦隊
の3分の2を沈め、さらには地球へのコロニー落しを敢行
せしめる彼の目指すところは何だったのか。
(コロニー落しは失敗に終わりますが)

地球連邦政府の傀儡となった、ジオン共和国の真の独立?

サラミス級巡洋艦1隻の運用人員が分かりませんが、
100人として10隻で1,000人、100隻で1万人を核兵器で
虐殺したことになります。

アムロのお母さんの言葉を借りれば、
「あの人たちだって、家族もあるだろうに」

それとも、デラーズ大佐への絶対的な忠誠心なのか。
ならば、惣流・アスカ・ラングレーの言葉を借りて
「アンタ、碇司令が死ねって言ったら死ぬんでしょ!」
違うか・・・

結局は、戦争遂行の大義名分はともかく、彼も好戦的な
一戦士でしかなかったということなのか。

分かってますよ、ならば戦争を扱う作品なんて見るべきで
ないのは。
0083を観た最近の気分が、再度言いますが、どうやら
かなり鬱状態みたいで。

ネガティブなことばかり書いたので、少しは良かったと
思えたことを思い出せば、ファースト・ガンダムから登場
の艦船、モビルスーツがリファインされてカッコよかった
ことでしょうか。

あと、アナベル・ガトー役の大塚明夫さんの声が渋かった。
(一番好きなのは攻殻機動隊のバトー役ですが)

ああ、こんなこと言ってたら、ファーストに回帰したく
なってきました。
劇場版3部作の「通常版」がもう一度みたい。
レンタル店は「特別版」でなくて「通常版」を置いて
つかあさい。(昨日観た龍馬伝の影響ご容赦;)

機動戦士ガンダム劇場版は、「犬神家の一族」と同じくらい
リメイクすべきでなかったですね。
(正確には再アフレコ、効果音入れ替え)


  


Posted by じろう at 12:34Comments(0)