ハウルの動く城 結局みちゃった

 
2010年07月18日/ アニメ映画
映画「ハウルの動く城」、先週金曜日にテレビでやっていたので、
途中からですが観ました。

ハウルの動く城

一度DVDで観ていたため、観るつもりはなかったのですが、
色んな局へチャンネルを変えながら、部分部分を観ましたね。

全編とおしで一度観た時の感想は、率直に言って
「話が分かりにくい」です。

ファンタジーなのか、反戦を訴えたいのか、冒険モノなのか、
恋愛モノなのか、凡人の私には理解できませんでした。

アニメーションの技術は年々進歩していますので、絵や動きは
素晴らしいと思います。

個々のキャラクターは好きですよ。
ソフィー(倍賞千恵子さん)も、カルシファー(我修院達也さん)も、
マルクル(神木隆之介くん)も、カブ(大泉洋さん)も、
荒地の魔女(美輪明宏さん)も。
お、主人公ハウル(木村拓哉さん)を忘れてた。

あと、久石譲さんの音楽も好きです。


ただ、観終えた後の清涼感、爽快感などは残らず、
「もわぁ~」とした感じが残り、置いてきぼりを食らったような…

単純な脳ミソの私には、
「天空の城ラピュタ」や「ルパン三世カリオストロの城」の
方が分かりやすくて好きです。

天空の城ラピュタ [DVD]

ルパン三世「カリオストロの城」 [Blu-ray]
  


Posted by じろう at 22:38Comments(0)