夏の恋は虹色に輝く 第2話 感想

 
2010年07月26日/ TVドラマ
フジ系ドラマ「夏の恋は虹色に輝く」の第2話を今夜観ました。

竹内結子

初回の視聴率が15.7%(関東地区)だそうで、出足はあまり好調
とは言えなかったようです。

松本潤さんって、女性に大人気ではないのですか?
その女性ファンを引き込めなかったということは、相手役の
竹内結子さんとの組み合わせに不満と言うか、興味が無い
のでしょうか・・・

ボクは楽しく観ていますよ。次週も観たいと思いました。
「薔薇のない花屋」の竹内結子さんにハマったという理由も
ありますけれど。
また、あの娘さんの父親が、誰かというのも気になりますしね。

恋愛ドラマなのでしょうけど、二世俳優・楠大雅がどのように
自分の殻を破り、俳優として成り上がるのかにも期待しています。

今回、沢村一樹さんにコミカルな役どころで楽しませて
もらえました。来週以降も絡んでくるのかどうか。

竹内結子さん演ずる北村詩織は、なぜ魚市場で働いていて
パソコンや事務系統の仕事に強いのか不思議でしたけど。
そのくせ、AV機器の配線には疎いんですね。

しかし、あの芸能事務所、経営は大丈夫なのでしょうか。
収入の大半を、他界した楠航太郎が稼いでいて、現在所属の
タレント2名も大した稼ぎをしていない様子。
所属タレントより、スタッフの方が人数多いですし。
過去の稼ぎで、当面はしのいでいると勝手に想像しています。

昨日今日もの凄く暑いのに、ドラマ中で役者さんが長袖を
着ているのを見ると、撮影はもっと涼しかった時期
なんだろうな、なんて邪推しました。

来週も楽しく拝見したいと思います。
  


Posted by じろう at 22:32Comments(0)