熱海の捜査官 第1話 感想

 
2010年07月31日/ 熱海の捜査官
テレ朝系ドラマ「熱海の捜査官」の第1話を観ましたので、
感想などつらつらと。

熱海の捜査官

1話完結型の刑事ドラマでないことは分かりました。
気になるので次回も観ると思います。

アメリカのFBIに相当する、広域犯罪捜査を行う「広域捜査庁」なる
新たな政府組織が発足、その捜査官の星崎剣三(オダギリジョーさん)
と北島紗英(栗山千明さん)が捜査で熱海にやってくるという話。

事件の概要は、
4人の女子高校生を乗せたスクールバスが忽然と姿を消し、
そのうちの1名・東雲麻衣だけが意識不明の状態で見つかる。
3年が経過し、彼女は意識を取り戻すのだが・・・
というもの。

ドラマ「時効警察」から、オダギリジョーさん、ふせえりさん、
岩松了さん、村松利史さんらが再び出演。
監督・脚本を時効警察にも参加された三木聡さんが担当という
ことで、かなり期待が高まっていました。

南熱海警察署の面々は、アメリカ映画に出てくる保安官の
ような制服で、「そう来たか」と、まずひと笑い。
署長役の松重豊さん、フジ系ドラマ「夏の恋は虹色に輝く」にも
ご出演だし、よくドラマでちょくちょく見かけますねえ。

市長役の団時朗さんは、「警部補・矢部謙三」にも出てました。
今後「帰ってきたウルトラマン」ネタでもあるのでしょうか。

ふせえりさん、小ネタで色々頑張ってました。
バズーカ砲かまえてみたり、黒板消しをドアの上に仕込む、
小学生みたいなイタズラ仕掛けてみたりと。

栗山千明さんは、エヴァンゲリオン好きで知られているので、
エヴァ・ネタでも仕込んだらどうでしょう。
テレ朝でエヴァは大人の事情でマズイか・・・

小ネタには何度か笑わせてもらいましたが、必ずしも全力で
笑いを取りにいく方針ではないようです。

事件の真相が気になりますし、推理モノと考えれば楽しく
見られると思います。

大笑いを期待していた方々は、深いため息をついているかも
知れませんけれど。
  


Posted by じろう at 07:00Comments(0)

時効警察 トリック好きな人にはおススメ

 
2010年07月30日/ TVドラマ
テレ朝系ドラマ「時効警察」は面白かった!
2006年の放送。

時効警察

続編の「帰ってきた時効警察」も、おススメです。
特に、同じくテレ朝系ドラマ「トリック」シリーズが好きな方
には分かっていただけると思います。

さりげなく背後にある貼り紙などに書かれていることが、
クスッと笑えるところなんか「トリック」に似ているかも。

他のドラマでは大真面目に演技している役者陣が、この時効警察
ではいろいろボケてくれます。

オダギリジョーさん(霧山修一朗)、麻生久美子さん(三日月しずか)
の主演お二人はもちろんのこと、刑事の十文字疾風(豊原功補さん)
が個人的にかなりお気に入り。

時効管理課の面々、又来(ふせえりさん)、サネイエ(江口のりこさん)
熊本課長(岩松了さん)たちも憎めないキャラです。
真加出くん(小出早織さん)は「帰ってきた~」からの加入。

鑑識課の諸沢(三石研さん)ほか、まだまだ面白い人たちがいっぱい。

1話完結型で、毎回登場するゲスト陣も豪華です。
名前を挙げればすぐに分かるような役者さんから、当時は今より
知名度が低かったであろう方々も出演されてます。
(単に私が知らなかっただけで失礼かな)
たとえば、真木よう子さん(龍馬伝に出てますね)、吉高由里子さん
などなど。

「踊る!さんま御殿」でのトークも面白かった、村松利史さんが
このドラマでも大活躍。
何度かご出演されてますが、中でも「みの虫男」には大笑いしました。

シリアスなドラマに飽きた時、笑いたい時にはどうぞ。

【時効警察シリーズ】
  


Posted by じろう at 20:33Comments(0)