映画「アウトレイジ」が見たい

 
2010年09月08日/ 実写映画
北野武監督作品「アウトレイジ」がなかなか面白いとの評判が
ネット上で散見されるので、自分も観たくなってきました。

続編の制作も進められているようで、北野作品で初の続編
だそうです。

情報化社会の良い点でもあり、悪い点でもあるのかも
知れませんが、良くも悪くも評判は瞬く間に広がって、
悪い場合は「ならば、もう観ないでおこう」
と決め込んでしまいます。

そんな理由で、北野監督作品で近いところから「アキレスと亀」、
「監督・ばんざい!」「TAKESHI'S」「Dolls」はレンタルでさえ
観ていませんね。
「座頭市」は観まして、率直に面白かった。

注目したい役者さんが色々いらっしゃいますが、まずは
北村総一朗さん。
「踊る大捜査線」シリーズでは警察署長役をされていますが、
当作品ではヤクザ組織の会長役で、真逆な立場の役をどう
演じているか楽しみです。

椎名桔平さんのヤクザ役も見てみたい。
ヤクザと言えば、判で押したように口汚い言葉遣いで相手
を罵るイメージがありますが、おそらく私の想像だと、
恐ろしいことを寡黙にポーカーフェイスでするのではないか
と思っています。

塚本高史さんというと私の中では、ドラマ「結婚できない男」
に出てくる英治クンだし、最近では「夏の恋は虹色に輝く」
で好青年を演じているので、ヤクザ役でどんなことを
してくれるのか楽しみです。

加瀬亮さんは、インテリ・ヤクザ役という設定をすでに
知ってしまっているので、どんな風に演じられるのか
期待しています。

流暢な英語で話すシーンがあるらしく、英語コンプレックス
な私は羨望の眼差しで観ることでしょう。
アニメ映画「スカイ・クロラ」に声優として参加されていて、
戦闘機の空中戦シーンで英語を話しているのを聞いた
ことがありますが、外国人かと思うほどでした。

さて、加瀬亮さんが「アウトレイジ」で演じる役は、
オーディションで3人まで絞られていたそうです。
その中に、なんと今話題の押尾学被告が居たようで。

もし、押尾学被告に決まっていたら、彼の出演シーンは
すべて撮り直しになっていましたね。

話は脱線しますが、裁判の様子を伝え聞くところによると、
押尾学被告の保身に躍起な醜態が目にあまります。

話を戻しまして、三浦友和さんもヤクザのイメージが
ないので、クールなヤクザ役が見られるのではと
楽しみです。
ドラマ「薔薇のない花屋」、最近では「新参者」、
映画では「ALWAYS 三丁目の夕日」とその続編が
私の記憶に新しいですね。

ほかにも小日向文世さん、國村隼さん、石橋蓮司さん、
杉本哲太さんなどの方々の演技が楽しみ。

レンタルで観るしかないので、レンタル開始を待ちたい
と思います。
「DVDかブルーレイを買えよ」という意見も聞こえて
きそうですが、貧乏人をお許し下さい(笑)

  


Posted by じろう at 23:21Comments(2)