熱海の捜査官 最終回(第8話) 感想

 
2010年09月18日/ 熱海の捜査官
テレ朝系ドラマ「熱海の捜査官」の最終回(第8話)を昨夜観ました。

熱海の捜査官

率直な感想は、「ええ~~~っ?!、なんじゃそりゃ」ですね。

きっと私よりずっと賢い人が、どこかのブログで
「あれはこういうことで、そして・・・」と解説してくれている
のではないかと思います。

ボクのような凡人は、とりあえず第8話が最終回だったけれども、
「何か明快な結末を求めない」ことが後を引かずに良いのかも。

途中に仕込んでくれたネタは面白かったし、一体どうなるの?
と8週に渡って楽しみがあったし、と考えるしかないですね。

漫画のドラえもんの最終回が、
それまで起こった全てのことは、のび太の見ていた夢だった、
という都市伝説を聞いたことがあります。

と同じ様に考えると、
最後、「南熱海市は天国かも知れない」と書かれた看板
が映りましたので、南熱海市という街が実在しないパラレルワールド
のような空間だったのかと、悪い頭で想像してみる。

ああ、やっぱり考え過ぎると頭から湯気が出そうだ。
私の決めた終わりは、旅館の主人(岩松了さん)から煎餅を
渡された付近としよう。そうしよう。

いや、もっと前の「空と海と虹の会」を捜索して、行方不明の
3人を発見したところでもいいでしょう。

以下は素朴な疑問、小ネタを拾ってみます。

星崎剣三(オダギリジョーさん)のいつも電話で話している
「モトコさん」って一体なんだったんでしょう。
普通に考えたら広域調査庁の人だけど、苗字で呼ばないで
ファーストネームで呼ぶのは、結構親しい間柄と思えます。
敬語で話していたから、年上の人でしょう。
実は「モトコ」が苗字で、女性とは限らないのか。

冒頭の、北島紗英(栗山千明さん)と平坂(萩原聖人さん)
の暗闇での緊迫した銃撃戦は見入ってしまいました。
前回の終盤に、平坂(=風宮)の放った注射針弾?が北島の
胸に突き刺さったところまでで終わりました。

しかし、上着の内ポケットに入れていた、以前占い師が
くれた小さい縫いぐるみに刺さっていて難を逃れます。
再び追い詰められ、もうダメかという所へ星崎剣三
(オダギリジョーさん)が踏み込んできて、平坂の脚を
銃で撃って事なきを得ます。

そして、現場検証やら負傷した平坂の病院への搬送やらで
現場がごった返す中、北島紗英(栗山千明さん)が携帯電話で
「ネコ侍はどうでもいいの!」と、誰かと意味不明な会話を
していました。先週の「ワニ侍」にかぶせてきましたね。
少し笑えました。

桂東さんの、
「ダリル・ミラーとミッキー・ロークは対戦しない方が
良かったよね?」も面白かった。

犬塚クンの過去が事件解決につながる、とか前回に星崎
が言っていたので、犬塚は事件を起こした一味と思いきや、
昔やっていたバイトが役に立ったという、「な~んだ」
というオチでした。

熱海の捜査官に出てない「時効警察」出演者が、最終回に
ちょろっとカメオ出演してくれるかと思ったけど、
それは無かった。録画してないので何とも言えないけど、
どこか画面の隅にでも映ってたのかなあ。

最終回に、レストラン「ボリューム」のウェイトレス役、
小島聖さんが見られなかったのが残念。
あの何とも言えない妖艶な雰囲気が好きだった。
敷島先生(藤谷文子さん)も妖艶だけどね。

まあ、まだまだ拾い足りないことがたくさんあります。
次はDVDで、一時停止しながら観て楽しみたいと思います。

最後に書ききれなかったことを箇条書きで。
・朝からラーメン
・巨大魚「人引き」は天然記念物
・夜食にサンマ
・不必要な堤防は、四十万が甘利レミーを唆して作らせた
・環境保護団体を継ぐ朱印頭(松尾スズキさん)
・サティの曲
・スプレーグローブ
・学生間で流行る宗教のメッセージ「第二のステージ」

  


Posted by じろう at 03:01Comments(0)