新・ミナミの帝王 感想

 
2010年09月22日/ TVドラマ
昨夜放送されていた「新・ミナミの帝王」を観ました。

「今日が第1話か…」と観終えると、次回予告がない。
どうやら単発だったようです。
好評なら連続ドラマにしようという実験的な試みだった
のでしょうか。

月並みな感想ですが、面白かった。

その前の枠の「ジョーカー 許されざる捜査官」も途中から
見はじめました。
総集編のようでしたが、連続ドラマの時は観ていなかったので、
面白そうだから観ておけば良かったと少し残念。
堺雅人さんの、微笑をたたえながらサイレンサー付きの銃を
撃つところがまたいい。
レンタル開始されたら観たいですね。

「新・ミナミの帝王」から脱線。
坂東英二さん、昔「毎度おさわがせします」に出てた頃より
芝居がぎこちなく感じました。記憶が曖昧ですけど。
もっとストレートに言うとヘタでした。
すっかり、バラエティ番組に浸ってしまったからかなあ。
坂東さんのセリフをそのまま繰り返すモノマネ芸人さんには
笑えましたが。

「ミナミの帝王」は、コミック、竹内力さん主演のVシネマ
両方知っています。全部読んだり観たりしていませんけれど。

友人に竹内力版「ミナミの帝王」にハマっているヤツが居まして、
エンディング曲をクルマの中でかける熱の入れようでした。
しかも、曲に合わせて熱唱するものだから、ボクはドン引き
でした(笑)今はそこまでのファンかどうか知りませんが。

関係ないけど、友近さんの「ミナミの帝王」に出てくる
竹井みどりさんのモノマネがマニアックで好きです。

またも脱線。
大東京銀行の支店長(西村雅彦さん)は、東京から転勤で
白石美帆さん(役名忘れた)を伴ってやってきたわけですが、
「こんなところなんかさっさと出て、東京に戻りたいんだ!」
と部下に高いノルマを要求します。

絶対損する「投資信託を客に勧めろ」と、支店の成績のため
モラルもヘチマもありません。
また、私腹を肥やすために、ある行員に全責任を押し付けて
自殺に追い込むようなことも平気で行います。

結局この支店長は、萬田銀次郎にハメられて逮捕される
ことになります。それに値する悪行をしたのですけれど。

その支店長をハメる過程が、理屈っぽいボクには楽しくて
たまりませんでした。
ウソの決算報告書、休眠会社の利用などなど。

「ミナミの帝王」が面白いのは、お金の流れのカラクリ
なんですよねえ。

だから、主役の萬田銀次郎が少々残念な感じでも観るに
耐えられたのだと思います。
千原ジュニアさん、ゴメンなさい!

竹内力さんもちょっとクドイと思いますよ。
  


Posted by じろう at 20:14Comments(0)