国宝 松本城 天守閣

 
2010年10月14日/ その他
長野県松本市にある「国宝 松本城」へ行ってきました。

国宝 松本城

先日放送されたTBS系ドラマ「塀の中の中学校」の舞台が松本市でした。
松本市へ行く予定が決まっていたので、このドラマを観はじめて
「何という偶然!」とちょっと嬉しかったです。

松本市へ行って松本城を見ないなんて、よほど仕事のスケジュールが
過密な人か、すでに何度も見て飽きた人だけでしょう。

上の写真は私が撮影したもので、我ながら綺麗に撮れたなあと自画自賛。
デジカメの性能に感謝です。

天守閣から外を撮影した写真はこちらです。
国宝 松本城

天守閣内部の写真も撮影しましたが、柱や梁(はり)がむき出しで絵的に
そんな面白くないと思うので割愛します。

あまり歴史や城に興味が無い方は、時代劇のイメージで、城の内部は
綺麗な屏風や襖絵があり、畳敷きだと勘違いされているかも知れません。

城は戦の時に立てこもるための要塞なので、基本的には戦闘向きの
構造をしています。

ドラマ「大奥」とか「暴れん坊将軍」などは、姫路城天守閣の外観を見せて
おいて、次の場面で綺麗な御殿の内部からはじまるパターンが多いですよね。
それで勘違いしてしまうんですよ。天守閣の中に住んでいると。
しかも、姫路城なのに江戸城という設定で。

さて、松本城は初めて訪れたので、城好きの私にとっては念願がかなって
感動もひとしおでした。
松本城のプラモデルを子供の頃に作ったことがあり、その時からいつか
行ってホンモノを見たいと思っていました。

国宝4城のうち、姫路城、犬山城、松本城を制覇したので、あとは彦根城
が残るのみです。

松本城にまつわる話をしだすと、武田信玄、小笠原氏、石川数正、
豊臣秀吉、徳川家康らの名を挙げて長々と書き連ねてしまうので
やめておきます。
  


Posted by じろう at 12:15Comments(0)