フェイスメーカー 第2話 感想

 
2010年10月15日/ フェイスメーカー
日テレ系ドラマ「フェイスメーカー」の第2話の感想などを。

フェイスメーカー

美容整形を希望する人は、なにも不美人だけじゃないんですね、
というのが今回の話でした。

整形前の顔の内田優子(吉田羊さん)も美人だけど、整形して園部美和
(井上和香さん)の顔になるのですが、整形後ももちろん美人だ。

井上和香さんというと、どうしてもグラビアのイメージが強かったのですが、
今回、女優さんとして見直しました。

ストーリーの突っ込みどころとしては、内田優子(吉田羊さん)の夫は
さすが弁護士で、最初は法律を駆使して離婚の際に妻から子どもを
取り上げる手際のよさを見せながら、最後はあっけなく警察の御用に
なってしまう点です。

ドラマですからね、話を進めるための少々強引な設定や急展開も仕方
の無いことです。

さらに設定で気になった点は、手術するのに料金がかからないこと。
その代わり、整形前の顔を他人に譲ることが条件だとか。
どこから美容整形の運営資金を捻出しているんだろう?

毎回、手術後に霧島瞬(永井大さん)が整形した本人の前に突如現れて、
「あの顔は他人に売ったからな」
と言いますが、「売った」と言っているので、お金を受け取る人と
受け取らない人を分けているのだろうか。
その点がナゾです。

漫画「ブラックジャック」でも、法外な料金を請求する場合と
そうでない場合があるからなあ。

今回は、夫のDV(ドメスティック・バイオレンス)、子どもの虐待など、
現実社会で昨今問題になっているテーマで考えさせられる話でした。

余計な事かも知れませんが、霧島瞬(永井大さん)の助手、霧島京子
(日向千歩さん)が着ている看護師の制服?の丈がやたら短いのが
気になります。ひざが完全に見えてますからね。

気になるというか、男性陣には嬉しい設定ですけど。
見方によっては、そういうコスプレのお店の人みたいです(笑)
女性陣から石が飛んできそうなので、この話題は以上(笑)

次回のゲストは藤井美菜さんです。
TBS系ドラマ「ブラッディ・マンデイ」に出演されてましたよね。
  


Posted by じろう at 20:21Comments(0)

医龍3 第1話 感想

 
2010年10月15日/ TVドラマ
フジ系ドラマ「医龍3」の第1話を観ましたので感想などを。

医龍3

シリーズ3作目、あるとは思ってなかったので、
「おおっ、またはじまるのか」と楽しみが増えて嬉しい限りです。

冒頭から荒瀬門次(阿部サダヲさん)の倒れるシーンがはじまり、
藤吉圭介(佐々木蔵之介さん)のナレーションで、
「まさか仲間の一人を失うとは思ってもみなかった」
と言っていたような気がしたので、荒瀬はもう助からないと思いました。

遠藤憲一さんが医師として新登場するのは知っていましたが、
どこで登場するのだろうと見続けてもなかなか登場しない。

荒瀬門次(阿部サダヲさん)は助けられず、遠藤憲一さんも来週から
登場なのかと思いきや、最後の最後でご登場。
カテーテルを使用して治療する医師、黒木慶次郎役です。

相変わらず、野口賢雄(岸部一徳さん)はイヤらしい役どころですね。
悪役はこうでなくては、話が面白くなりませんからね。

岸部一徳さんの、ヘタなのか上手いのかよく分からない演技が
作品によって私は好き嫌いが分かれます。
医龍での岸部一徳さんは好きです。
先ごろの「不毛地帯」の時は・・・

さて、朝田龍太郎(坂口憲二さん)が、菅谷有希奈(桜庭ななみさん)
の手術を前にして屋上で手術のイメージトレーニングをする場面が何とも。

湯気みたいなものが立ち上がる夜の空を背景に、上半身裸で心臓を
探ったり、針で縫合する「エア・手術」と言うかイメージトレーニングする
シーンが、見ようによっては滑稽に見えました。
でも、女性ファンは坂口憲二さんの肉体美にうっとりなのかも。

冒頭の事故?戦場?の建物の中で手術するシーンも、なかなか
有り得ない設定で、朝田龍太郎(坂口憲二さん)のすごさを印象づける
のに十分なシーンでしたね。

シリーズ2作目では、渡米して研究などをしている設定で登場の
無かった加藤晶(稲森いずみさん)が、この医龍3では復活してくれて
個人的に嬉しい。稲森いずみさんのファンなので(照)

鬼頭笙子(夏木マリさん)が明真大学の学長になるとは、冒頭から
急展開でしたが、野口賢雄(岸部一徳さん)の野望によってハメられて
いくのでしょうか。

木原毅彦(池田鉄洋さん)は、あまり好きなキャラではないのですが、
なぜか医龍シリーズでは重用されていますね。
役者さんとしては、池田鉄洋さん嫌いじゃないですよ。
テレ朝系「トリック」や「警部補 矢部謙三」に登場の秋葉原人役は
好きなキャラですので。

伊集院登(小池徹平さん)は、年数を経て経験を積み腕前も上がって
いるはずなのでしょうが、小池徹平さんが若く見える方だから
(実際に若いのでしょう)、ややもすると何ら変わりないように見えて
しまうと思うので、所作や言葉遣いで変化を出すよう工夫している
ように思いました。

新キャラの真柄冬実(谷村美月さん)、サバサバして自己中心的に
見えますが、手術中に患者の体温の上昇に気付くなど、実は切れ者
という設定なのかなあ。

谷村美月さんというと、純朴なイメージが私の中でずっとあったので、
あんな投げやりな感じの無愛想な役柄で起用するとは驚きました。

次回の放送も楽しみです。
松下奈緒さんがゲストみたいですし。
  


Posted by じろう at 00:37Comments(0)