ギルティ 第1話 感想

 
2010年10月17日/ ギルティ
フジ系ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」の第1話を観ました。感想などを。

ギルティ

長野県へ行っていたのでテレビ放送を見逃しました。
録画していた友人に頼み、DVDに焼いてもらって観ることが出来たわけです。

いやあ、観ることが出来て良かった。
こんなに引き込まれるとは思ってもみなかったので。
うむ、面白い!

最近、「みなさんのおかげでした」で「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」
が久し振りにやっていました。
そこに菅野美穂さんのモノマネをする人が登場したのを思い出し、ドラマの冒頭で
ホンモノの菅野美穂さんを見てちょっと笑ってしまいました(笑)

それはさておき、復讐劇なのは分かるのですが、回収し切れていないナゾを
残しているので来週も観るしかないですね。
第1話で全て明かしてしまったら、意味無いのは当然ですけど。

野上芽衣子(菅野美穂さん)が自殺に追いやった2人と、自分が冤罪で服役した
事件との関わりがまだ分からない。
1人は若い銀行員。1人は年配の男性。

野上芽衣子が年配の男性に向かって言い放った、
「保身のための沈黙は死に値する」が気になりますねえ。。

野上芽衣子(菅野美穂さん)は、ケーキに毒をもって、義兄と甥っ子を殺した
として服役したようですが、一体どういう理由で姉一家に嫉妬心を抱いて
犯行に及んだとされたのかが気になります。
姉一家と仲良くしていたら、疑われることもなかったはず。

三輪管理官(モロ師岡さん)の失踪との関わりもナゾです。

第1話の最後の方では、真島拓朗(玉木宏さん)は野上芽衣子(菅野美穂さん)
の過去を、データベースから検索して知ってしまいました。
それまで、ペットショップで犬の出産に立ち会うなど顔見知りだったわけで
これから先、彼女とどう接していくのかも見どころですね。

年配の男性がビルから飛び降りた際、面白がって遺体の写真を撮る
長髪の男がまさか唐沢寿明さん(堂島基一)とは思いませんでした。
いろんな役に挑戦されますなあ。
これが、財前五郎(白い巨塔)や壹岐正(不毛地帯)をされてた方とは。

第1話では、吉瀬美智子さんがあまり活躍されてないですが次回以降に
期待しましょう。相変わらずお綺麗で(照)

バーテンダー役の水上剣星さん、ついこの前終わったドラマ「GOLD」に
天海祐希さんの死んだ兄の役で出てましたね。
立て続けにドラマに出るとは、注目されてる俳優さんなのかなあ。

ストーリーに戻って、脅されて自殺に追い込まれた2人について。
あの状況で自分なら自殺するか?
私なら「身辺整理もしたいので、少し猶予が欲しい」と願い出ると
思いますけど、野上芽衣子(菅野美穂さん)はそんな聞く耳を
持ってない様子でしたから難しいかも。

しかし、彼らに開き直られたらどうするつもりだったのだろう。
「オレは自分の命が惜しい。だからさっさとやれよ」とか言われて。
そしたらドラマが成り立ちませんね。

自分の妻と自分の孫かあ・・・
両方とも持ったことがないから気持ちが分からない。
次週が楽しみです。
  


Posted by じろう at 08:40Comments(0)