ギルティ 第5話 感想

 
2010年11月10日/ ギルティ
フジ系ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」第5話の感想など。

ギルティ

15年前の毒ケーキ殺人は、今はIT会社の社長になっている金谷文則(山崎裕太さん)
の犯行だったのですね。
野上芽衣子(菅野美穂さん)は、金谷の高校の理事長・北村と、金谷の同級生・菅沼
から聞き出して知っていた様子。

疑問に思ったのが、金谷がケーキに毒を入れたのはどの時点なのかです。
お店のケーキへ無差別に毒を混入させていたら、ほかのお客さんにも死者が出た
でしょうから、芽衣子が買ったケーキだけに、どこかのタイミングで毒を仕込んだと
考えるしかないですね。

実行犯は金谷と分かっていても、それを指示した主犯を芽衣子(菅野美穂さん)は
知っているのかなあ。金谷は、恋人の高橋遥(岩佐真悠子さん)と祖母を見捨ててでも
その主犯の名を口にすることはしませんでした。

金谷の祖母が入居している老人ホームのパソコンと、ネット回線で社長室とテレビ電話
で会話する芽衣子と金谷。毒ケーキ殺人の実行犯であることなどを、たった今、
金谷が自白してしまった場面の動画をネット上にばらまくと脅す芽衣子(菅野美穂さん)。

それでも金谷は主犯の名前を言いません。
バックにいるその主犯格の人間を相当恐れているらしく、その人物になぶり殺しに
されるか、自ら命を絶つかと選択を迫られる金谷。
そして、芽衣子(菅野美穂さん)が社長室にあらかじめ宅配便で届けていた
赤いネクタイを使って、金谷やは首吊り自殺を選んだのでした。

この様子から、芽衣子は金谷が絶対に主犯の名を口にすることは無いと読みきって
自殺に追い込んだのでしょう。

金谷の自殺したビルには報道陣や警察関係者が入り乱れ、その中に真島拓朗
(玉木宏さん)の姿を見つけて、彼が警察関係者と知ってしまう芽衣子(菅野美穂さん)。
榎本万里(吉瀬美智子さん)の尾行も気付いて巻いてしまう野上芽衣子って・・・

宇喜田(吉田鋼太郎さん)や三輪(モロ師岡さん)の行動も不明だし、かなり事件
の内部事情に詳しい堂島基一(唐沢寿明さん)もこのまま芽衣子に見過ごされるのか
まだまだ不可解な点が多いです。

頭の良い方が、あらかた推理を終えてどこかで公開しているかも知れませんが、
私はボーっと観ながら、「そうだったのか!」と後で知るほうが楽しいので、
無闇にネット検索して、展開の読みや推理は調べないようにしています。
  


Posted by じろう at 20:00Comments(0)

フリーター、家を買う。 第4話 感想

 
2010年11月10日/ TVドラマ
フジ系ドラマ「フリーター、家を買う。」第4話の感想など。

フリーター 家を買う

「日本人はみんな同じの横並びが大好きなの!アンタねぇ・・・」
病院に嫁いだ誠治(二宮和也さん)の姉、永田亜矢子(井川遥さん)が父親・誠一
(竹中直人さん)へまくしたてるシーンが圧巻。井川遥さん、迫真の演技でした。

彼女も嫁ぎ先の姑にいびられ、またPTAの奥様たちにもやっかまれて、溜まっているもの
があったのでしょう。

お隣の西本幸子(坂口良子さん)の息子は弁護士で、鼻持ちならない野郎ですが、
誠治が「ご近所トラブルと言いますか・・・」と遠まわしに相談しはじめると、
「うちの母親のことでしょ」とあっさり認め、「ウチの母ならやりかねませんね、ヒマですから」
とあっけらかんとした態度。

ようやく二次面接に進める会社が現れた誠治(二宮和也さん)は、二次面接に向かおうと
しますが、家から母親の寿美子(浅野温子さん)から電話があり、
「クスリが見つからないの」と言われて困ってしまいます。

「後で行くから」という誠治に、「お医者さんに叱られて入院だけはイヤなの」と追いすがる
寿美子ですが、イラついた誠治から「今だけは邪魔しないでくれよ」と言われ電話を
切られてしまいます。

気になった誠治(二宮和也さん)は、面接会場から家へ電話しますが誰も出ない。
ますます気になり、会社の人へ「面接の順番を繰り上げてもらえないですか」と願い出るも
断られてしまいます。
居ても立ってもいられなくなった誠治は、面接をすっぽかして家へ帰ります。

家の中に居ない母親を探しに近所を方々探しますが見つかりません。
すると母親の寿美子(浅野温子さん)はひょっこり帰ってきて、
「頼ってばかりいられないから、自分で買い物へ行って来た」と言い、薬を仕分けるのを
手伝ってと誠治(二宮和也さん)に言います。

そうですね、自分ならどうするかと考えたら、家から電話があった時点で、
「今から行くから待ってて」と言うかなあ。
電話があるたびに「今渋滞にハマってて」とか言ってしのいで、何とか面接を受けるかも。
しかし、気になって面接どころじゃないかも知れませんね。

せっかく心配して面接まで放棄して家に帰ってきたのに、のん気な母親にキレた
誠治(二宮和也さん)は、「もうオヤジや母さんに振り回されるのはたくさんだ」
と言い残して家を出ます。

「大悦土木」の飲み会に参加した誠治は、カラオケで「津軽海峡冬景色」を熱唱する
などして憂さを晴らします。しかし、明らかに無理して明るく振舞う誠治(二宮和也さん)に
大悦土木の面々もどんよりした空気に引き込まれ、最後は自分の苦しい立場を
涙ながらに吐露する誠治に酒の席の空気もぶち壊し。

なんだかグズグズしてテンポ悪く感じるので、原作を読んでしまって先回り
したい気分になってきました。
でも、小説を読むのも面倒なので、このままドラマで行く末を見ます。

【 出演者 】
武誠治(二宮和也さん)
千葉真奈美(香里奈さん)
永田亜矢子(井川遥さん)
豊川哲平(丸山隆平さん・関ジャニ∞)
手島信二(井上正大さん)
星野あかり(岡本玲さん)
西本和彦(横尾渉さん・ジャニーズ Jr.)
島田彰子(玄里さん)
大悦貞夫(大友康平さん)
永田則子(鷲尾真知子さん)
山賀亮介(眞島秀和さん)
北山雅彦(児嶋一哉さん・アンジャッシュ)
岡野忠志(田中壮太郎さん)
塚本 学(山本龍二さん)
真田勝也(嶋大輔さん)
西本幸子(坂口良子さん)
武誠一(竹中直人さん)
武寿美子(浅野温子さん)
  


Posted by じろう at 02:00Comments(0)