ナサケの女 第6話 感想

 
2010年11月26日/ TVドラマ
テレ朝系ドラマ「ナサケの女 国税局査察官」第6話の感想ほか。

ナサケの女

休眠状態の宗教法人を買い取るといった類の話はよく聞くので、あまり目新しさ
は感じませんでした。ですが、話としては見ていて面白かったです。

脱税の告発で終わるというこのドラマのパターンに、少し飽きてきた感があるのは
私だけでしょうか。

前回、松平 松子(米倉涼子 さん) の可愛がっていた後輩、赤川が脱税のお金3億円
を持って逃げたことをこのまま放置するとは思えませんので、後半でどう結びつける
のかが見どころですね。

1話完結のストーリーに飽きてきた頃だったので、最終回に向けて何か大きな事件、
権力に立ち向かう様子が次回以降に見られそうなのは、引き締め効果につながる
と思います。

見てからちょっと時間が経ちすぎたので、記憶も薄れがちです。
第6話の感想はこれくらいでご勘弁を。

ホントに次回以降は大きく話が動いていきそうなので楽しみです。
オカマバーの鉄子(武田鉄矢さん)は、かつて国税査察官だった過去が
あるようですし。

【出演者】
松平 松子(米倉涼子 さん)
三木 航介(塚本高史 さん)
五藤 満(鈴木浩介 さん)
犬養 一美(飯島直子 さん)
久米 四郎(小市慢太郎 さん)
二宮 晶太(夕輝壽太 さん)
内村 ナナ(斎藤めぐみ さん)
雨宮 賢治(三上真史 さん)
遠藤 幸男(長谷川朝晴 さん)
曽根 六輔(泉谷しげる さん)
新田 進次郎(柳葉敏郎 さん)
日野 敏八(勝村政信 さん)
赤川 友也(瀬戸康史 さん)
西 恭子(鹿沼憂妃 さん)
鉄子(武田鉄矢 さん)
オカマバーの店員(青木隆治 さん)
ナレーション(津川雅彦 さん)
<第6話ゲスト>
大鳥 清太郎(平泉成さん)
三崎 愛(室井滋さん)
島田 美恵(紫吹淳さん)
小泉 しのぶ(森脇英理子さん)
青山 珠美(秋山莉奈さん)
  


Posted by じろう at 23:18Comments(0)

医龍3 Team Medical Dragon 第7話 感想

 
2010年11月26日/ TVドラマ
フジ系ドラマ「医龍3 Team Medical Dragon」第7話の感想ほか。

医龍3

あれだけカテーテル、カテーテルと騒いでいたのはどこへやら。
今回は胸部心臓外科の独壇場でした。

中国へ左遷されたはずの野口(岸部一徳さん)から、小包が学長の鬼頭(夏木マリさん)
のもとへ届き、開けるとマトリョーシカ人形が入っていて、最後まで人形を開けると
ロシア語で「私は戻ってくる」と書いてあるメモが出てきます。
何でロシア?中国じゃなかったのか。その理由が後半で明かされるのを待ちましょう。

荒瀬(阿部サダヲさん)と黒木(遠藤憲一さん)がエレベーターで鉢合わせると、
「2kg減ったな」と荒瀬が黒木に言います。
次の瞬間の荒瀬の表情は、黒木は何か病に罹っていて、それで体重が減っている
という伏線なのでしょうか。

今回は加藤先生(稲森いずみさん)が主役の回でしたね。
元婚約者役に吉田栄作さん。「マネーの虎」を思い出します。
手術シーンは毎回臨場感があって見入ってしまいますね。朝田龍太郎(坂口憲二さん)が
「ナントカ法だ」と助言、そこからヒントを得て、もっと良い術式でオペをする
加藤先生でした。図と藤吉先生(佐々木蔵之介さん)のナレーションで素人にも
分かりやすい解説。

朝田の記憶喪失は、真鍋徹(今井悠貴クン)の大熱演で治ってしまいます。
さすがドラマなシーンでした。
朝田の回復は順調のように見えました。しかし、次のオペに備えて練習しようと
器具を手に取ると、チャリーンと床に落としてしまいます。
どうも利き手に障害が残った模様。リハビリで治るのでしょうか。

野口は左遷され、カテーテル医の黒木が置いてきぼりな回だったので、
今後どう話にからんでくるのか楽しみです。
素人考えですと、最後は「チーム・ドラゴン」と「チーム黒木」が協力すると
読みましたが、はたして。
  


Posted by じろう at 06:06Comments(0)