モリのアサガオ 第7話 感想

 
2010年11月30日/ モリのアサガオ
テレ東系ドラマ「モリのアサガオ」第7話の感想ほか。

モリのアサガオ

及川直樹(伊藤淳史さん)は恋人の沢崎麻美(香椎由宇さん)から、ソウル支社
への転勤を会社から打診されたと聞きます。
迷う麻美に、一度ソウルに行ってどんな所か自分の目で見て決めたらどうかと
アドバイスし、直樹も一緒にソウルへ行ってあげると言います。
パスポートを申請するために戸籍抄本を取り寄せる直樹ですが、そこで衝撃的な
事実を知ることに。

まず突っ込みどころとして、戸籍抄本が450円で高っ!どこの自治体ですか。
あと、パスポートをはじめて取得するなんて、学生時代に海外旅行へ行かなかった
のかなあ。せめて最後に卒業旅行で行くような気がしますけど。

あらすじを書き出すと長くなるので、第7話を観たという前提で進めます。
劇中の再現ドラマで、山本憲人と深堀圭造(柄本明さん)が出てくるのですが、
2人は同級生という設定ですよね。山本憲人役の俳優さんが若々しいのに、
若い頃の深堀圭造役は柄本明さんがカツラをかぶっただけ。

若々しい青年と、フケたおっさんが同い年というのはかなり無理がありました。
若い頃の深堀圭造役は、別の若い俳優さんを立てた方が良かったのでは?

しかし、さすがフィクションですね。及川直樹(伊藤淳史さん)の父親が死刑囚
だったなんて。ボクが彼の立場なら、実家に住むのはやめてアパートを借りて
住むかなあ。あんな事実を知ったら、もう一緒には住めないような気がします。

この作品は、どちらかと言えば死刑制度反対の立場から描かれているかと。
今回の山本憲人にしても、深堀いわく、4人殺害の内訳は、
山本が1人、深堀が3人なので、山本は死刑にならなかったはず。
ところがすでに、山本の死刑は執行されてしまった。
こんな場合は、取り返しがつかないじゃないかと訴えているように見えます。

深堀が仮釈放中に3人を殺害して死刑が確定したのは、山本への
申し訳なさから起こしたのだと想像しました。
だとしたら、それに巻き込まれた3人とその遺族はたまらないですね。

この回、視聴率がなんと2.2%(関東地区)。裏がSMAP×SMAPですから
仕方ないと言えば仕方ない。ボクはスマスマを昔は好きで見ていましたが
もう飽きました。それにしても2.2%とは悲惨ですね。

【主なキャスト】
刑務官・及川直樹(伊藤淳史さん)
新聞記者・沢崎麻美(香椎由宇さん)
刑務官・若林勇三(塩見三省さん)
刑務官・望月加奈(木南晴夏さん)
刑務官・谷崎俊幸(ベンガルさん)
死刑囚・深堀圭造(柄本明さん)
死刑囚・世古利一(温水洋一さん)
渡瀬満(ARATAさん)
及川正直(大杉漣さん)
及川佐和子(市毛良枝さん)
  


Posted by じろう at 20:45Comments(2)

流れ星 第7話 感想

 
2010年11月30日/ 流れ星
フジ系ドラマ「流れ星」第7話の感想ほか。

流れ星

槇原梨沙(上戸彩さん)の兄・修一(稲垣吾郎さん)は、前回喫茶店で
岡田健吾(竹野内豊さん)の母・和子(原田美枝子さん)と会った時に、お金は
受け取ってないと勘違いしました。しっかり巻き上げていましたね。

私は修一が、岡田家からもっと大きな金額を引き出すような計画を練って
いるのかと思いましたが。

元婚約者の相澤美奈子(板谷由夏さん)が「私がドナーになる」と言ってくれた
にもかかわらず、健吾(竹野内豊さん)は断ってしまいます。
それは分かる気がします。

一時は号泣までしてドナーになるのを拒んで去っていったのに、やはりあなたが
忘れられないと戻ってきても、マリア(北乃きい さん)のドナーになるのは
健吾のために仕方なくといった本音は明らか。
ちょっと気持ちが冷めますね。

梨沙(上戸彩さん)からの移植は受けないと、頑なに拒んでいたマリア
(北乃きい さん)も、母・和子(原田美枝子さん)、続いて梨沙(上戸彩さん)、
そして兄・健吾(竹野内豊さん)からの説得工作により、すっかり懐柔されて
肝臓移植手術を受けることに同意しました。
かなり具合が悪そうだったので、もう形振り構ってられなかったのかも
知れませんが。

槇原修一(稲垣吾郎さん)の妨害工作により、病院へ怪文書がFAXされた
ことにより、その内容の真偽をめぐって会議が開かれます。
意見を求められた主治医の神谷医師(松田翔太さん)は、
「全く問題はありません」と言い切ったのでした。
これは後々、彼の責任問題に発展するような予感が・・・

最後は、2人が手術室へ入っていくシーンがあったから、移植が行われるのは
確実な模様。ただ、槇原修一(稲垣吾郎さん)が喫茶店で、マスコミ関係者
と思しき人物と会話しているシーンで終わったので、次回は臓器売買を
ネタに大騒ぎになるのでしょう。

健吾と修一のやり取りが良かった。
修一:「私があなたの立場だったら、私もそうしたかも知れない。でも逆に
あなたが私の立場だったら?」
健吾:「分かりません。ただ、私は妹を苦しめるようなことはしません。梨沙は
あなたと一緒に居ても幸せになれないと思います」
健吾兄い、カッコいいこと言うなあ。
  


Posted by じろう at 06:00Comments(0)