秘密 第8話 感想

 
2010年12月04日/ TVドラマ
テレ朝系ドラマ「秘密」第8話の感想など。

秘密

相馬くんの送別を妨害した一件で、直子(志田未来さん)と平介(佐々木蔵之介さん)
の仲は急速に冷え込み、家の中では最低限の会話しか無くなります。
というより、直子に無視されている格好の平介なのでした。

直子はもの思いにふけるようになり、あれだけ勉強熱心だったにもかかわらず
勉強もしなくなった様子。
平介がたまたま街で担任の多恵子先生(本仮屋ユイカさん)と会うと、学校でも
藻奈美(=直子)はすっかり沈んだ様子だと聞かされます。

平介に思いを寄せていた多恵子先生は、親戚のおばさんに紹介された男性と
お付き合いをはじめたようなことを言って、事実上「平介を諦めた」宣言をします。

なんだか嫌な予感のした平介は、部下から飲みの誘いを断って家へ急いで
帰るのですが直子が居ません。すると直子から電話があり、ただならぬ気配を
感じ取った平介は今どこにいるか問いただし、今居るという学校の屋上へ
向かいます。

この学校は無用心ですね。直子も平介も簡単に中へ入れちゃったよ。
最近の学校は物騒な事件のせいで、網が張り巡らされていたり、校門も
閉じていることが多く、かなり警戒が厳重ですけどね。

屋上の直子は、飛び降りんばかりの体勢。
直子を何とかなだめて思いとどまらせた平介でした。

「あなたの妻として生きるの。心も身体も。もしも平ちゃんにその覚悟があるなら、
私はこの身体をあなたに捧げる」言う直子。
「オレもそう思ってた」と返す平介。
いざ、ことに及ぼうとするのですが、平介から「やめよう」と言ってやめます。
ちょっと生つば飲み込んだシーンでした。

ここで、事故を起こした梶川とその息子のストーリーが入ります。
梶川という男の人柄が分かるいい話でしたが、なぜこのタイミングでこの
逸話を放り込んでくるのかなあ。
梶川の後妻が死ぬ前に、彼女へ知らせてあげたかったですね。
原作がどうなってるか気になります。

藻奈美の体に入っている直子を苦しめていたのは、自分ではないかと気付いた
平介は、「藻奈美、長い間、苦しめて悪かった」と語り掛けるのでした。

次の日の朝、家の庭に居る藻奈美(=直子)に話しかけると、
それは直子ではなく、心も体も藻奈美なのでした。
いよいよ結末ですね。最終回の次回が見逃せません。
  


Posted by じろう at 21:38Comments(0)

SPEC(スペック) 第8話 感想

 
2010年12月04日/ SPEC スペック
TBS系ドラマ
「SPEC(スペック) ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」
第8話の感想など。

SPEC スペック

津田助広(椎名桔平さん)はスペック・ホルダーを守る側だと思っていました。
冷泉俊明(田中哲司さん)を監禁していたのも、彼を守るためだと。
ところが、国会議事堂内に彼らの活動拠点があり、スペック・ホルダーを抹殺
している様子がうかがえました。

約束どおり津田を引き渡したことで、瀬文(加瀬亮さん)は後輩の志村を治すために
ヒーラーを呼ぶことができ、志村は植物状態からウソのように回復。
しかし、それも束の間、次の瞬間に志村はあっという間に抹殺されました。

ニノマエ(神木隆之介クン)は、外国人も混じった組織の人たちに「約束が違う」と
言っていましたが。

当麻(戸田恵梨香さん)とニノマエの対決で、時間を止めるSPECを持つニノマエ
に当麻が勝てるはずも無く、ビルの上から落とされてしまいます。
ところが、ビルの下で気を失っていたものの外傷はなく、ニノマエは当麻を殺す気
は無かったんじゃないかなあ。

時間を止めるSPECを持つニノマエ、記憶を操作できるSPECを持つ者、こんな
人たちが居たら何でもアリじゃないですか。
どうやって話の収拾をつけるのだろう。

今回が第8話、全10話だとすると12/17が最終回。第11話があるなら12/24ですが
世間はクリスマス・イブです。そこまで引っ張れないから10話で終わりかな。
あと2話でナゾの解明?

野々村係長(竜雷太さん)が、「ケイゾク」の柴田(中谷美紀さん)について言及
していたので、残りの2話でご本人が登場してくれると嬉しい。
参事官くらいに出世しているのかな。

最悪なのは、「続きは映画で」のパターン。それだけは勘弁して欲しいです。
  


Posted by じろう at 06:04Comments(2)