モリのアサガオ 第8話 感想

 
2010年12月07日/ モリのアサガオ
テレ東系ドラマ「モリのアサガオ」第8話の感想など。

モリのアサガオ

ついに深堀(柄本明さん)へ死刑執行命令が下されます。
刑務官たちがリハーサルを行います。1人の刑務官が死刑囚役を演じ、暴れるのを
ほかの刑務官たちが取り押さえつつ、首にロープをかけます。
死刑囚役をした刑務官が「何度やっても慣れるもんじゃないな」と言いました。
実際の死刑執行の時に、やはり暴れる死刑囚もいるでしょうね。
それは本物の刑務官にならないと分かりませんが。

深堀のお気に入りのTシャツが直樹(伊藤淳史さん)の鼻血で汚れ、
「元通りに直せ!」と言う深堀。及川直樹を殴って鼻血を出させたのは自分なのに。
洗っても取れない血の汚れなので、同じTシャツを探すことになり、
休日にもかかわらず同僚の刑務官・望月加奈(木南晴夏さん)に手伝ってもらって
そのTシャツを探すのでした。

Tシャツには昔はやったキャラクターがプリントされており、望月加奈が
「お姉ちゃんが昔好きだったキャラだ」と言ったことから、これは深堀の娘が好きだった
キャラではないかと思った直樹は、加奈に「ごめん、行かなきゃならない所が」と
その場を去りました。ひどいなあ、せっかく加奈ちゃんが休日返上で来てくれたのに。

深堀の娘の家を訪問する直樹ですが、彼女には家庭があり、死刑囚の父は死んだ
ことになっていると迷惑がられます。
それはそうですね。私があの娘の立場でもそう思います。
いきなり家を訪問するのはダメでしょう。せめて喫茶店で待ち合わせるとか。

深堀の娘は、深堀の死刑執行前日に拘置所へ面会に訪れるのでした。
さすがドラマですねえ。執行前日とは。

死刑執行当日、刑務官の靴の音に怯える死刑囚たち。
深堀の独房の前に刑務官たちは立ち止まり、深堀に独房から出るよう促す。
「やっぱりお迎えがきたか」と観念した様子で言う深堀。
大人しかった深堀が、直樹の顔を見るなり、
「山本の息子をを死刑に立ち会わせろ」と暴れ始めます。

なぜだか直樹も死刑に立ち会うことになり(許可が出たいきさつは割愛されてた)、
加奈がインターネットで探してくれたあのTシャツを深堀に渡します。
「死装束か」とそのTシャツを着た深堀は、後ろ手に手錠をかけられ、
目隠しはいらないと言い、「よく見ておけ!あばよ!」と言った瞬間床が落ち・・・

沢崎麻美(香椎由宇さん)は直樹に、ソウル行きを決めたと告げに来ます。
麻美がソウル行きを決めたのは「直樹が私より“モリ”の連中をとったからだよ」
と言い荷物を引いて去っていきました。
遠距離恋愛ではなくて、二人にとっては別れなのかなあ。

渡瀬満(ARATAさん)とのやり取りも色々ありましたけど、この回は深堀が
主人公でしたね。

【主なキャスト】
刑務官・及川直樹(伊藤淳史さん)
新聞記者・沢崎麻美(香椎由宇さん)
刑務官・若林勇三(塩見三省さん)
刑務官・望月加奈(木南晴夏さん)
刑務官・谷崎俊幸(ベンガルさん)
死刑囚・深堀圭造(柄本明さん)
死刑囚・世古利一(温水洋一さん)
渡瀬満(ARATAさん)
及川正直(大杉漣さん)
及川佐和子(市毛良枝さん)
  


Posted by じろう at 23:55Comments(0)

流れ星 第8話 感想

 
2010年12月07日/ 流れ星
フジ系ドラマ「流れ星」第8話の感想など。

流れ星

肝臓の移植手術は無事に成功した様子。
ドナーの側もそれ相応の痛みが残るのですね。
お腹を割かれて、肝臓の一部を持っていかれたから当然と言えば当然ですが。

健吾(竹野内豊さん)と梨沙(上戸彩さん)は、その後、事務的に後処理を進めます。
成功報酬の100万円を渡したり、梨沙の新しく住む部屋を一緒に探しに行ったり、
荷造りして引越屋を呼んだり。

今度住む部屋が駅から遠いからと、健吾が梨沙に自転車をプレゼントするなんて、
粋なはからいですね。こんな気配り、ボクにはできない。
でも、梨沙がいい歳して自転車に乗れないなんて。
自転車に乗る練習に付き合うシーンは、見ていて微笑ましかった。

神谷医師(松田翔太さん)が梨沙(上戸彩さん)を「きたなシュラン」な食堂で
昼食をご馳走する場面で、神谷の意外な過去が知れました。
しかし、そんな夜逃げするような家庭から医者になれたのが不思議。

引越前夜、最後に梨沙の得意なかぼちゃの煮つけを振舞います。
かぼちゃの煮つけの他は、スーパーで買った出来合いのおかずでしたが。

翌朝、梨沙が引越屋の軽トラとともに去った後、健吾はいつもどおり出勤の
道を自転車で進むのですが、急に反転して梨沙の乗る軽トラを追いかけます。
しかし、途中で見失ってしまいました。

追うのをあきらめ、勤務先の水族館へ到着した健吾(竹野内豊さん)は、
水族館前の海岸へ行くと、そこには梨沙(上戸彩さん)の姿が。
「まだ開いてないんだな。最後にあのクラゲをまた見ようと思ったけど」
と立ち去ろうとする梨沙の腕を掴んで引き寄せ、ひしっと抱きしめる健吾。

今までは、とにかく妹を救うために形振り構わず梨沙を契約結婚の相手
だと利用してきたはずだったのに・・・

こういう展開は嫌いじゃないですね。
10代~20代の人には、もしかするとこのドラマはウケが悪いかも知れません。
でもボクは竹野内豊さんに歳が近いので、健吾目線でいいなあと
思ってみています。

次回は、梨沙の兄・修一(稲垣吾郎さん)が、マスコミにタレこんだ内容が
下世話な夕刊紙に載ってしまって一騒動ある様子。
ハッピーエンドでなくてもいいから、何か余韻の残る結末にして欲しいです。
  


Posted by じろう at 06:07Comments(0)