さよなら、アルマ 感想

 
2010年12月19日/ TVドラマ
NHKドラマ「さよなら、アルマ~赤紙をもらった犬~」の感想など。

さよなら アルマ

軍用犬という言葉を聞いたことがありますが、民間人が飼っている犬が戦地に徴用
されていたことを、このドラマで初めて知りました。
今まで結構な数の戦争モノのドラマや映画を観てきましたが、犬を作戦に積極活用
する場面が印象に残っている作品は1つも無いですね。
そういう点で、非常に興味深いドラマでした。

俳優陣にカッコ良い人も多かった。有川大尉役の玉山鉄二さん、犬の訓練士役の
斎藤工さん(チェイス・国税査察官にも出てましたね)、関東軍参謀役の中村獅童さん、
大久保伍長役の池内博之さんなど。もちろん主演の勝地涼さんも。

私はそういう趣味は御座いません。いくら今、おネエ・キャラが流行ってるからといって。
男から見てもカッコ良いと思った人を挙げただけです。若い女優さんが少なかったですしね。
ほぼ紅一点と言っていい、国民学校の教師役の仲里依紗さんが良かった(照)
有川大尉と婚約者の関係とはさすがドラマ、泣かせます。

今、TBS系ドラマ「獣医ドリトル」で主演されている、小栗旬さんの訓練士班長の役が
ドリトルとかぶって見えたのが可笑しかった。口調とかそっくり。
当たり前ですね、同じ人なんだから。
シリアスなドラマなので不謹慎かもしれませんが。

子役陣に目を向けると、こども店長こと加藤清史郎クンは普通だったなあ。
もうひとりの、女の子の泣きの演技の方がグッときました。
あんなに幼少で、大人に囲まれて演技しろと言われて、そうすぐに出来るもんじゃない
ので感心します。色んなことが分からないくらい幼い方がかえっていいのかも。

結局アルマは、あのまま中国大陸へ残ってどうなったのでしょう。
機銃掃射で負った傷がもとで死んでしまったのか、殺処分されてしまったのか。
そこは描かれなかったのですが、寿命まで元気に生きたとは考えにくいですね。

ボクも小学生の頃に家で犬を飼っていたので、かわいいヤツだったなあと懐かしく
思い出します。わが家族の不注意で死なせてしまったけれど。

裏ではワンピースの映画版が放送されていましたが、あえてこちらを見ました。
実はワンピースのこと殆ど知らないんですよ。
コミックスが何十巻と出ているんでしょう?1巻から読んで追いつく気力がありません。
連続した話は乗り遅れるともうダメですね。

話がそれました。
犬でも猫でもいいので、また動物を飼いたいなあと思えました。
でも、現状を考えると厳しいです。
それに今は、ご飯に味噌汁ぶっかけたエサでなくて、ドックフード、キャットフード
を買う時代みたいなので余計に厳しいですねえ・・・
  


Posted by じろう at 06:19Comments(2)