モリのアサガオ 最終回(第10話) 感想

 
2010年12月21日/ モリのアサガオ
テレ東系ドラマ「モリのアサガオ」最終回(第10話)の感想など。

モリのアサガオ

渡瀬満(ARATAさん)は、自ら進んで死刑を望んだわけではありませんでした。
渡瀬が復讐のために殺した田尻勝男の弟から脅しを受けていたからでした。

その脅しとは、兄を殺された復讐を、渡瀬だけでなく妹の小春(谷村美月さん)に
対しても行うというものでした。
なので、渡瀬満は「俺が死刑になれば、妹には手を出さないと誓うか」と田尻の
弟に約束を迫り了承を得ていたのです。

その後、新聞記事で田尻の弟が事故で死んだことを渡瀬が知ると、及川直樹
(伊藤淳史さん)を呼んで言います。
「これでもう復讐されることはない。これでもう死刑になる必要はなくなったんだ!」
しかし、直樹は渡瀬に冷たく言い放ちます。
「キミの罪は死刑に値する」と。

半年前に死刑執行された世古利一(温水洋一さん)は、仏像の貼り絵の裏に
遺書をしたためて残しており、そこに自分の罪を悔いる文面が綴られていました。

田尻の弟からの復讐の脅威がなくなったら、自分の罪を省みず、生き延びたいと
言い出した渡瀬の身勝手さに、世古と同様に自分の罪と向き合って欲しいと
願う直樹でした。

3年が経ち、同僚の刑務官・望月加奈(木南晴夏さん)は及川直樹を諦め、
別の人と結婚します。結婚式には刑務官たちも参列。
谷崎俊幸(ベンガルさん)が「及川といい感じだと思ったのに」と加奈に言うと、
「家に帰ってまで刑務官が居るなんてイヤですよ」
と強がりとも取れることを加奈は言っていました。

そしてついに、渡瀬満への死刑執行命令が下ります。
渡瀬が「今日、直樹を見かけないけどどうした?」と刑務官に聞くと、
「法務省へ出張だ」と言って誤魔化しますが、思いっきり動揺していたので、
渡瀬は悟ります。自分の死刑執行が近いと。

死刑執行の朝、刑務官たちが渡瀬の独房へ向かい、扉を開けます。
すでに感じ取っていた渡瀬は、穏やかな表情で連れられていきます。
そして、死刑執行のボタンを押す3名のうちの1人に及川直樹が居ました。
最後に直樹と渡瀬は無言のまま視線を合わせるのでした。

合図ののち、3名が一斉にボタンを押し、床板がはずれ・・・

何だか切ない結末でした。
及川直樹のしたことは、果たして良かったのか悪かったのか。
彼が積極的に渡瀬を支援して、再審請求をしていたら、刑が軽くなったかも
知れません。残された妹の小春はどうなるのか。

定年間際の若林(塩見三省さん)は、
「いくら極悪人でも、人間が人間を殺すのは、いいのかどうか未だに答えが出ない」
と及川直樹に苦悩を漏らすのでした。

私はそれでも死刑制度を支持しますね。
やはり、人の命を故意に奪った人間は、その命でもって償うべきだと思います。
ただ、冤罪の問題があるので、そこを突かれると私も回答に苦悩します。
本当の意味の終身刑を設置するのはどうなのでしょう。
無期懲役は、実質十数年で出てこれるみたいですから。

【主なキャスト】
刑務官・及川直樹(伊藤淳史さん)
新聞記者・沢崎麻美(香椎由宇さん)
刑務官・若林勇三(塩見三省さん)
刑務官・望月加奈(木南晴夏さん)
刑務官・谷崎俊幸(ベンガルさん)
死刑囚・深堀圭造(柄本明さん)
死刑囚・世古利一(温水洋一さん)
渡瀬満(ARATAさん)
及川正直(大杉漣さん)
及川佐和子(市毛良枝さん)

  


Posted by じろう at 23:59Comments(4)

流れ星 最終回(第10話) 感想

 
2010年12月21日/ 流れ星
フジ系ドラマ「流れ星」最終回(第10話)の感想など。

流れ星

健吾(竹野内豊さん)が警察署に向かっていく場面がありました。
収監されたり、刑務所から出てくる様子も描かれなかったのでお咎めなし
で済んだのか。それとも罰金刑とか執行猶予付きの判決でも出たのか・・・
まあ、大したことなかったということで流しましょう。

梨沙(上戸彩さん)は、兄の修一(稲垣吾郎さん)からの電話を無視して
出ないでいると、メッセージが残されていました。
自殺をほのめかすような内容で、実際に修一はビルの屋上から飛び降りた
と思わせる描写で場面が変わりました。

そして「一年後」という設定になり、マリア(北乃きいさん)は留年して高校生
のまま、神谷医師(松田翔太さん)は別の病院へ移っているようで、
健吾(竹野内豊さん)は運送会社のようなところで働いています。
梨沙(上戸彩さん)は、魚を専門に扱う?ペットショップで働いています。

自殺したはずの梨沙の兄・修一(稲垣吾郎さん)は、病院に入院しており、
足が不自由な様子。ビルから飛び降りたものの生き残り、足に障害が
残ったかのように見えました。
梨沙は、そんな兄を病院で面倒を見ています。

梨沙は働いて得たお金を、毎日のようにATMから預金している様子。
すっかり改心して、善人になったと思われた兄の修一ですが、梨沙の
カバンをあさり、彼女が預金をしている口座の通帳を勝手に見て
それを奪って立ち去っていくのでした。

驚くことに、足が不自由なのはウソで、病院から立ち去る際には歩行を
補助する道具を置いて、普通にスタスタと歩いていくではないですか。
おおっ、それでこそ悪役!とその後の展開に期待が高まります。

てっきり遊ぶ金に使ってしまうのかと思いきや、修一はその通帳を
岡田家の郵便受けに投函していました。
健吾の母(原田美枝子さん)がそれを見つけ、健吾に渡します。
修一は、健吾と梨沙を再会させようとしていたんだと思えますね。

「ふたご座流星群が見られる時期」というニュースを目にした梨沙は、
1年前に健吾と二人でふたご座流星群を見ようとしたことを思い出します。
その時健吾が「ここでなくて、あの展望台からならよく見える」と言った
ことを振り返り、その展望台へ向かうのでした。

展望台には、クラゲを水槽に入れたディスプレイを眺めている健吾が
いて、久し振りの再会。二人はきつく抱擁し合い・・・
つまるところハッピーエンドでした。

最終回、時間拡大などとセコイことしなかったのは潔いと思いました。
ただナゾなのが、修一は実際にビルから飛び降りたのかですね。
飛び降りたのは事実だけれど、ケガは早々に治って梨沙の前ではまだ
治っていないように振舞っていたのか、最初から全て狂言だったのか。
そこはあまり深く考えすぎても仕方ないのかも知れません。

梨沙(上戸彩さん)が修一(稲垣吾郎さん)に、
「退院したら私の部屋に来たらいい」と言っていたので、あえて通帳を
盗んで彼女の前から消えることで、もう梨沙には迷惑を掛けないよう
決意したということでしょう。

途中、次の展開はどうなるのかと楽しみもあったし、それなりに
楽しめたドラマだったと思います。

  


Posted by じろう at 06:21Comments(0)