フェイスメーカー 第12話 感想

 
2010年12月24日/ フェイスメーカー
日テレ系ドラマ「フェイスメーカー」第12話の感想ほか。

フェイスメーカー

鍋島組若頭である矢野修一の裁判が行われます。
狭川真由美(小野真弓さん)と青木富士朗は証人として出廷し、真由美は矢野が
麻薬取引をしていたと証言します。矢野は鍋島組の世話になりながら裏切る真由美
と青木に怒りを爆発させ、組の連中による報復を予告。
その裁判の傍聴席に、刑事の椎名遙(藤谷文子さん)と同じく刑事の沢田の姿も。

小野真弓さんを久し振りに見ました。一時は消費者金融・アコムのCMで大ブレーク
しましたよね。CMも何パターンか作られたし、彼女に入れあげてる友人も居たと思います。
やはりこのドラマ、露出度が落ちてきた女優さんの救済所になってる感がありますね。

ドラマの本筋に戻りまして、このあと刑事の沢田は、鍋島組の連中にたびたび襲われる
狭川真由美と青木富士朗を霧島瞬(永井大さん)のクリニックへ連れて行きます。
そして、二人を全く別人の顔にしてやって欲しいと頼みます。

沢田の後輩、椎名遙(藤谷文子さん)も、実は霧島瞬の整形手術を受けていました。
元々は鍋島組の関係者で、組を抜けようと霧島の元へ駆け込み、顔を変えたものの
その顔がたまたま刑事の椎名遥だったため、組にいいように使われていたのでした。

裏切り者の狭川と青木を探せと命令されていた椎名は、沢田の後をつけ、今は名前も
顔も変えた狭川と青木の居場所をついに探し当てるのでした。
新しい人生をはじめていた2人は幸せそうで、子どもも授かっている様子。
椎名の受けていた命令は、2人を殺害することでした。

はじめは椎名が鍋島組を抜けるためにした整形手術も、組の連中によって恋人は
殺され、自分の妊娠していた子どもも彼らの暴行により流産した過去がありました。
刑事の顔を利用して、今は組の幹部になれたと自分を納得させようとするも・・・
自分の過去を振り返り、狭川と青木の幸せそうな生活を壊す気がしなくなっていた
椎名は、再び霧島瞬のクリニックを訪れ、覚悟を言い残して去ります。

その後、椎名は鍋島組の組長と刺し違えて死ぬのでした。
死んだ椎名の司法解剖をしたら、整形手術をした形跡があると、刑事の沢田は霧島瞬
(永井大さん)に詰め寄ります。
「お前は一体誰なんだ」と沢田に問われると「自分でもよく分からない」と答える霧島。

霧島のクリニックを訪ねる、ある女性(田中美里さん)。その女性は霧島の持っている
写真に写っている女性と同一人物に見え、驚く霧島京子(日向千歩さん)。
次回はいよいよ、霧島瞬の過去が明らかになるようです。

次回はいよいよ最終回。全13話なんですね。
ゴールデンタイムのドラマで、8話や9話で終わってしまったものもあったのに、
この「フェイスメーカー」は長持ちしましたね。視聴率は度外視なのでしょうか。
  


Posted by じろう at 22:39Comments(0)

細かすぎて伝わらない紅白ものまね合戦 感想

 
2010年12月24日/ ものまね番組
昨夜、フジ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」の1コーナー、
「細かすぎて伝わらない紅白ものまね合戦」を見ましたので感想など。

細かすぎて伝わらない

いやあ、ものまね大好きなので笑ったこと笑ったこと。
とりわけ、菅野美穂さんのモノマネをした高田紗千子さんが秀逸でしたね。

先日最終回を迎えた、フジ系ドラマ「ギルティ」で菅野美穂さんが主演されていて、
毎週見ていたので思い出したら可笑しくて仕方ない。
NHKドラマ「坂の上の雲」にも菅野美穂さんは出演されてましたし。

逆に全く理解不能でクスリともしないネタは、「韓国の軍隊」と「リアルゴリラ」ですね。
あと、「リアルに吐く人」もちょっと芸が無い気がします。
「阿佐ヶ谷姉妹」もあまり好みじゃないです。
由紀さおりさんってテレビでもう見ないじゃないですか。(失礼!)
モノマネ番組で演歌歌手のネタが嫌いなのも同じ理由。旬なネタが見たいので。

小雪さんのモノマネもいいですね。最後に「ディーガ」とか「ヴィエラ」など
CM風に家電製品の名前を言うのが可笑しくてたまらない。
片桐はいりさんのモノマネも笑えるけど、今回は韓国の軍隊と組んでいたから
ちょっと残念。

不思議なことは、見たことが無いから笑えないネタと、見たことが無いのに
笑えるネタがあること。おそらく、もしかしたら案外そんな感じかも知れないと
想像できるネタが面白いのかも知れません。

たとえば、日ハムのイースラーなんて見たこと無いけど笑えます。
空手の師範代も見たこと無いけど可笑しい。
今回出なかったけど、拡声器ネタの「代走みつくに」さんの箱根駅伝ネタや
人気ゲーム販売直前の家電量販店・店員ネタも笑えます。
カラオケ画面の背景に映る安っぽいドラマも面白かった。
あ、これは実物見たことありました。確かにあんな感じです。

私はサッカーに全然興味が無くて、ワールドカップも結果を見るだけですが、
アルゼンチンのマラドーナ監督は笑えますね。
その他スポーツ系でいくと、落合中日監督の現役時代のモノマネをする
製薬会社の社員の人とか、川平慈英さんのモノマネをする博多華丸さん、
噛み噛みの永島キャスターのモノマネ、元ヤクルトの栗山英樹さんの
モノマネも好きです。

山本高広さんは、フジ系で織田裕二さん主演のドラマがはじまるから彼のネタ
はやりませんでしたね。ちょっと残念。でも、草彅剛さんは似てました。

ここに出てくる人たちは、あの短い時間だから笑えるのでしょうね。
10分も20分も同じネタをやられたら間が持たないと思います。
この企画は不定期でもぜひ続けてもらいたいです。
  


Posted by じろう at 06:24Comments(0)