絶対に笑ってはいけないスパイ24時 感想

 
2011年01月01日/ バラエティ番組
日テレ系「絶対に笑ってはいけないスパイ24時」を見ましたので感想ほか。

絶対に笑ってはいけないスパイ24時

いやあ、18:30~24:30の6時間を見続けるのは疲れました。
でも、別のことをしながらチラ見の時と、不覚にも寝てしまった部分もあったので、
見られたのは全体の7~8割くらいだと思います。

笑いました。確かに笑えました。
ただ、前に見たもの(警察、ホテルマン、病院、新聞社ほか)ほど腹が痛くなる
くらい大笑いが出来なかった気もします。寝てた部分がすごく面白かったのか。

これもパターン化してきていますね。それが大笑いできなくなってきた要因
かも知れません。2011年末もやるなら、放送は見ないでDVD化されたら
レンタル店で借りて見るつもりです。面白くない部分は早送りできるし。

先に面白くなかった、残念だった部分を挙げます。
コロッケさんのものまね、すみませんがほとんど笑えませんでした。
コロッケさんは、ボクの中では綾小路きみまろさん等と同じ位置づけです。
「ガキの使い」を見る人たちより上の年齢層を相手に活動して欲しい。
ネタがとにかく古過ぎますね。
ホリさんや、原口あきまささん、コージー冨田さんなどを出して欲しかった。

同じ様な理由で、辺見マリさんの歌謡ショーも面白い理由が分からなかった。
唯一の面白要素は、最後に腰掛けていたベンチの脚が折れて傾いただけ。
その前フリのゆうたろうさん(石原裕次郎さんのモノマネ芸人)も見飽きた感じ。

最後の大爆発シーンで、例のおばちゃんを乳母車に乗せて救出する
のですが、爆発やらゾンビやらに気を取られ、おばちゃんの面白さが引き出せて
いない気がしました。

ジミー大西さんには毎年笑わせてもらってますが、今回の出来はイマイチ。
もっと小難しい時事用語を織り交ぜて質問攻めにしたら、面白いコメントが
引き出せたかも。あまり面白くなくて編集でカットされたのかな。

なんだか文句ばかり言っているようですが、面白い部分もたくさんありました。
上島竜兵さんがハリセン・マシーンで鼻血出したり、水槽でおぼれそうになったり
いつまで経っても体を張って笑わせてくれます。

人が適度に痛がったり苦しんだりしているところって、ハズさないですね。
シャレにならないくらい激しいのは、グロテスク映像になってしまいますので。
「笑ってはいけない病院」で西川史子医師が、死体袋を開けて、
実際には生きている人たちにロウソクをたらしたり、スリッパで頭を叩いていく
あのくだりは今思い出しても笑えます。

この「笑ってはいけないスパイ」で、一番大笑いしたところってどこだろう。
うーん、小さい笑いの連続で、あれは大笑いしたって場面が思い出せません。
やはり映画のシリーズものと同じで、段々と飽きられ、面白さや感動が
薄れていくのと同じなのかなあ。

TSUTAYAのネット宅配レンタル、入会日から30日間無料でお試し!
  


Posted by じろう at 13:56Comments(4)