外交官 黒田康作 第1話 感想

 
2011年01月14日/ TVドラマ
昨夜、フジ系ドラマ「外交官 黒田康作」の第1話を見ましたので感想など。

外交官 黒田康作

映画「アマルフィ 女神の報酬」の続編と聞いて、映画自体の良い評判を
聞かなかったので、正直あまり期待していませんでした。
また、初回2時間スペシャルで「長いよ」とさえ思っていたのです。

見終えた今、「なかなか面白かった。疑ってすみません」といった感想です。
織田裕二さんと柴咲コウさんの共演は、映画「県庁の星」以来なんですね。
あの映画はそこそこ面白かったと記憶しています。

私は「アマルフィ」を見ていないため、このドラマで黒田康作のキャラをはじめて
知ったので、「あんな外交官いないよ」と突っ込んでしまいました。
いや、分かりませんね。外務省には、表には出来ない仕事を引き受ける人たち
が居るかも知れませんので。

とにかく普通の公務員でないことは分かりました。
対照的に、柴咲コウさん演ずる刑事が、捜査地図を作成するのが好きな
頼りない弱弱しいキャラで面白い。

ドラマ「時効警察」シリーズではすっとぼけた役柄の、岩松了さん演ずる課長
が典型的な嫌な上司で、「時効警察」の熊本課長との落差が楽しい。

話は、前半でWTOの会議の最中にテロが発生するも、すぐに鎮圧され
それは日米両国のヤラセ的なものだったらしいです。

霜村医師を演ずる香川照之さんが、投身自殺を図ったと思われました。
娘役の夏帆さんが渡米して損傷の激しい遺体を確認し、遺灰は遺言どおりに
奥さんとの思い出の海に撒きました。

ところが、空港で黒田康作(織田裕二さん)は、霜村医師(香川照之さん)
と思しき人物を見かけます。黒田と霜村はかつて同僚の外交官で、わけあって
霜村は外交官を辞めた模様。
霜村医師の思惑や行動に今後注目したいところです。

「地図オタク」な刑事、大垣利香子役を演ずる柴咲コウさんの活躍に期待
したいですね。あのキャラは嫌いじゃないです。

TSUTAYAのネット宅配レンタル、入会日から30日間無料でお試し!
  


Posted by じろう at 23:42Comments(2)