スクール!! 第1話 感想

 
2011年01月17日/ TVドラマ
昨夜放送のフジ系ドラマ「スクール!!」の第1話を見ましたので感想などを。

スクール!!

TBS系の「冬のサクラ」と重なったので、どちらを見ようか迷ったのですが、楽しい
気分になりたい方ということで「スクール!!」を選びました。「冬のサクラ」は内容が
重そうだったもので。

しかし、不覚にも大半の部分を寝てしまって見逃しました。
起きた時には、九九を覚えられない児童と一緒に校庭を走りながら九九を記憶
しているところでした。

でも、あのくだりは嫌いじゃないですね。熱血校長(江口洋介さん)のベタベタな
泣かせの演出も許せました。あんな先生が居て欲しいという願望からかなあ。

今の小学校では児童を「さん」付けで呼ぶんですね。
なんだか気味が悪いです。僕らの時代は呼び捨てが当たり前でした。
女性の先生は、男児をクン付けで女児をさん付けで呼んでいたかも。

男の子の家のドアを叩きながら「田中さん、居ませんか」と言っていた武市かの子
(北乃きい さん)は絶対おかしいよ。「田中くん、居ないの?」でいいじゃないか。
大河ドラマ「龍馬伝」の影響が大きいのか、「武市」なんて苗字を使うなんて。

ついこの前終わったフジ系ドラマ(月9)「流れ星」で高校生の役だった
北乃きい さんが小学校の先生とは。役者さんは年齢に関係なく演ずるのが
当たり前なんでしょうけど。

高校が荒れていて、先生の授業を完全に無視してやりたい放題なのはよく
見かける光景ですが、小学校でもすでにそうなっているんですね。
ドラマなのに、塚本高史さんに同情してしまいました。

たとえガキんちょでも、人を統率するのは難しいですね。
それに反して桐原伊織(西島秀俊さん)教諭のクラスでは、児童たちが勝手な
ことをせずにちゃんと授業を受けていました。

成瀬校長(江口洋介さん)が、九九のできない児童を熱心に指導していたら、
「あなたは何も分かっていない」と桐原教諭は言い放ちます。
事実、その後、クラスのイジメの対象者が変わります。

経験者なので分かりますね。小学生の頃は、クラスにグループがいくつか
出来ていて、そのグループ単位で動いていました。
グループを治めるリーダーの気分次第で私も仲間ハズレ、無視されたことが
ありますし、他の子をそうしたことがあります(恥)
時代が変わって今でもそうなんですか・・・

桐原先生(西島秀俊さん)の考え方をもっと知りたいですね。
なぜ、彼のクラスはきちんとしているのか、ひとりの児童を熱心に指導したら
クラス内のパワーバランスが崩れるのがなぜ予見できたのかなど
語ってもらいたいです。

最後の方しか観られませんでしたが、次回も期待しています。
成瀬校長(江口洋介さん)の情熱的な指導も楽しみです。

TSUTAYAのネット宅配レンタル、入会日から30日間無料でお試し!
  


Posted by じろう at 06:17Comments(0)