美咲ナンバーワン!! 第2話 感想

 
2011年01月20日/ TVドラマ
昨夜、日本テレビ系ドラマ「美咲ナンバーワン!!」の第2話を見ましたので感想を。

美咲ナンバーワン

第1話は都合が悪くて見られなかったので、今回の第2話が初見です。
ちょっと公式サイトで相関図が見たいと検索したところ、すでにツイッターで感想が
ジャンジャン書かれていました。グーグルの検索結果画面に出るんですよ、
ツイッターのつぶやきが。

そこに書かれていたのは、私も同様に感じたことでした。
「ごくせん」をちょっと設定変えただけじゃないかと。
いくら香里奈さんが見目麗しいからといって、それだけじゃ見続けるモチベーション
が保てそうに無いです。脱落かなあ。

明るく前向きな香里奈さん、という点では「リアル・クローズ」が良かった。
ついこの前終わった「フリーター、家を買う。」は、ドラマの作品自体が自分には
イマイチだったので、香里奈さんにどうこう文句を言うつもりはありません。

この「美咲ナンバーワン!!」は、マンガが原作みたいですね。おそらく、マンガは
読めばそこそこ楽しめると予想します。

教頭の役に戸田恵子さん、校長の役に布施明さん。このお二人で思い出すのが、
映画「ラヂオの時間」です。あの映画は面白かった。つい先日亡くなられた、
細川俊之さんも出演されていました。ご冥福をお祈り申し上げます。

いや、ホントに「ごくせん」の二番煎じの感がぬぐえません。
確か先の映画版で完結編と言ってしまったから、もう続きはできないのでしょう。
仲間由紀恵さんも三十路を超えてきましたからね。
でも、「トリック」は続編をやって欲しいです。

最後は関係ないことを書いてしまいましたが、次回はよほどのことが無い限り
見ないと思います。すみません!
  


Posted by じろう at 06:20Comments(0)