スクール!! 第2話 感想 【ガノタ養護教諭】

 
2011年01月24日/ TVドラマ
昨夜、フジテレビ系ドラマ「スクール!!」の第2話を見ましたので感想など。

スクール!!

第1話は、不覚にも頭から6割くらいの部分を寝て見過ごしたので、録画していた
第1話を事前に見てから第2話を見ました。
見過ごした前半部分も、なかなか楽しかったです。

養護教諭の岡本幸恵(市川実和子さん)が、
「私は、マチルダ中尉的な存在でいたいので」と成瀬校長(江口洋介さん)に言うと、
「ああ、ガンダム、懐かしいですね」と返していたのが印象的でした。

今回の第2話でも、
「見せてもらおうか、民間人校長の実力とやらを」と養護教諭の岡本幸恵は
つぶやいていました。手にシャアザクか、シャア専用ゲルググを手に持ちながら。
どっちだか忘れましたが、ガンダム世代にとっては嬉しいですね。
ガンダムオタク、略して「ガノタ」な女性教諭って、何を狙った設定なんでしょう(笑)

武市家に出戻ってきている、武市かの子(北乃きい さん)の姉に堀内敬子さん。
前クールのドラマ「秘密」では薄幸な女性を演じていたので、この「スクール!!」
では明るくはじけた性格の女性をされていて、落差が楽しい。

1年生の担任を、ふせえり さんが演じてますが、「時効警察」や「熱海の捜査官」
のギャグで遊び放題の演技を覚えているので、この「スクール!!」で真面目に
演じられていても思い出し笑いをしてしまいます。

この第2話の中心話題は、「Sケン」という遊びと児童の恋愛でした。
Sケン、はじめて知りました。缶蹴りとか七周まわり、ほかにももっと遊びはあった
と思いますが、Sケンは聞いたことも無く、ルールもはじめて知りました。

僕らの小5くらいは、「好きな子の名前言えよ」程度でかわいいもんです。
女の子と遊ばなくなったのは、小4くらいからかなあ。小3くらいまでは家に
遊びに行っていたような気がします。

あのイジメグループの筆頭格の女の子は、腰巾着な男子二人をいつも引き連れて
いますが、女子の友達は居ないのかなあ。
「この生意気なクソガキ」と思えるということは、あの子の演技が上手いということ
なのでしょうか。ホント憎たらしいですね。(すっかりハマってる;)

桐原先生(西島秀俊さん)は、どうやって自分のクラスの児童を手なずけている
のか、その手法を知りたく思います。児童に媚びてるわけでもなさそうだし、
恐怖で支配しているようでもない様子なので。

成瀬校長(江口洋介さん)は、破天荒に見えて、ちゃんと周囲の意見にも
聞く耳を持っている常識人だと思います。さすが民間企業での経験も豊富で。

田舎はともかく、都心部の小学校って、今やみなあんな風なんでしょうか。
もはや学校と言うより、収容所みたいでイヤですね。

小学校が舞台というと、「女王の教室」と比較したくなりますが、あのドラマは
とてもよく出来ていたので、比べるのは酷でしょう。
江口洋介さんの、明るく前向きな熱血校長役も今のところ好感が持てます。

TSUTAYAのネット宅配レンタル、入会日から30日間無料でお試し!
  


Posted by じろう at 06:20Comments(2)