LADY 最後の犯罪プロファイル 第4話 感想

 
2011年01月29日/ TVドラマ
昨夜見た、TBS系ドラマ「LADY 最後の犯罪プロファイル」第4話の感想など。

LADY 最後の犯罪プロファイル

17歳の誕生日から7人を殺害した死刑囚・巽聡史の役に柳楽優弥さん。
聞くところによれば、この役のために25kgの減量をしたらしいです。
気合が入ってますね。確かに、とち狂った犯罪者を熱演されてました。

その巽聡史の心理を探ろうと面談した香月翔子(北川景子さん)は、彼にプライベート
なことを言い当てられます。しかし最後には「今まで言った事はでまかせ」のような
ことを巽聡史は言っておどけていたので、それが本当なら、香月はすっかり彼の
コールドリーディングに引っ掛かったことになります。

それにしても、プロファイラー側があんなに感情的になったら負けでしょ。
巽聡史(柳楽優弥さん)の、香月に関して言った事が口から出任せかどうかはともかく、
香月の父親が単なる火事で亡くなったわけではないようですね。

巽聡史が「この人はキミについて何か隠してる」と言うと、名指しされた結城晶
(木村多江さん)は動揺していたし、柘植正樹(ユースケ・サンタマリアさん)も
火事について水面下で追っている様子。

犯罪行動分析室(CPS)に、木村多江さんと須藤理彩さんが居ると、やはり
「救命病棟24時」を思い出します。あ、ユースケさんも第4シリーズに出てましたね。

結局、録画した第1話をまだ見てないので、タイトルの意味が分かりません。
普通に考えたら「女性」ですが、アルファベットのL・A・D・Yは何かの頭文字を
とったものなのでしょうか。

ボクならタイトルは「CPS~犯罪行動分析室~」とかにするけどなあ。
いまさらタイトルにからんでも仕方が無いですね。

次回も柳楽優弥さんが2週連続で出られるようです。
巽聡史の死刑執行が決まったようだけど、執行前に彼の天才的頭脳を事件解決
に利用してやれってことなのか。楽しみにしています。

TSUTAYAのネット宅配レンタル、入会日から30日間無料でお試し!
  


Posted by じろう at 06:20Comments(0)