大切なことはすべて君が教えてくれた 第3話 感想

 
フジテレビ系ドラマ(月9)「大切なことはすべて君が教えてくれた」の
第3話を見ましたので感想などを。

大切なことはすべて君が教えてくれた

戸田恵梨香さんには申し訳ないけれど、何だか私にはしっくりこない。
「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」での研修医・緋山美帆子役はすごい好き
なんだけどなあ。「SPEC(スペック)」の当麻役は面白かったけど、ドラマ自体が
不思議だったので何と言ったら良いのか・・・

そもそも、晩婚化が進んでいる現在において、20代前半で結婚するという話に
リアリティが無いのかも知れません。男女ともに30前後で結婚すると聞いても
特段遅いとは思えない、むしろ平均的と思えるくらいなので。

いや、早めに結婚するのもいいものだよ、とのメッセージが込められているのかも
知れないので、そこを突っ込むのはやめておきます。

佐伯ひかり(武井咲さん)が不治の病という私の読みは、見事に外れました。
子宮に問題を抱えているようですが、薬を飲んでいれば大丈夫な病気みたいです。
しかし、終わりがけに水谷亜弥(内田有紀さん)が神妙な面持ちで、柏木修二
(三浦春馬さん)に「お話があります」と言っていたので、実は深刻な病状なのか。

佐伯ひかりの家庭が少し垣間見られました。お姉さんが居て、4年前に事故で
亡くなったとのこと。その事故では、佐伯ひかりも一緒に巻き込まれ、彼女は
腕にヤケドを負ったものの助かったようです。

佐伯ひかり(武井咲さん)が家に戻っていないと、教頭(風間杜夫さん)から電話
を受けた柏木修二(三浦春馬さん)は、彼女を探しにある店に駆け込むと、
そこには佐伯ひかりの姿が。
「やっぱりここか」と言っていたので、二人が出会った店なのかも知れません。

佐伯ひかり(武井咲さん)の本当の病状、柏木修二(三浦春馬さん)のお兄さん
が心の奥底で思っていることが気になります。

東堂さやか(篠田麻里子さん)と、上村夏実(戸田恵梨香さん)がひっくり返って
いたらちょっと納得かな。配役の問題を蒸し返すか・・・
予告を見ると面白くなりそうで、次回も楽しみですね。
  


Posted by じろう at 06:20Comments(2)