スクール!! 第4話 感想 【マ・クベ】

 
2011年02月07日/ TVドラマ
昨夜、フジテレビ系ドラマ「スクール!!」の第4話を見ましたので感想など。

スクール!!

副校長(塩見三省さん)が腹痛を訴えて保健室に運ばれました。
おなかを手で押して「ここはどうですか?」と聞く養護教諭の岡本幸恵(市川実和子さん)。
副校長が「ううっ!」と声を上げると、「いい音色だ」と言う岡本幸恵。
すかさず桐原先生(西島秀俊さん)が「マ・クベですね」と言う場面が可笑しかった。

これ、「機動戦士ガンダム」を知らない人には、何のことやらさっぱり分からない
と思います。このドラマ、ガンダム世代の男子を狙ってるんでしょうか。
ちなみに、「マ・クベ」とはガンダムに出てくる人物名です。

さて、大橋先生(塚本高史さん)が不登校になってしまいました。
ひとりなら、「このクソガキ」と思えても、ああも束になってかかってきたら確かに
どうしようもないでしょうね。

武市かの子(北乃きい さん)が代わりに授業をしても鎮まる気配はなく、
成瀬校長(江口洋介さん)が乗り込んだ当初はおとなしかったものの、また騒ぎ
はじめました。

ボクならどうするだろう?と考えてみる。
うーん、もう諦めますね。このクラスの児童が心変わりをしてくれるのを期待しません。
3月いっぱいまでもてばいいや、と割り切るでしょう。
学校の先生だって仕事だし、人生もある。

ただ、その前に少しは試してみたいことがありますね。
このまま引き下がるのも悔しいし。

まず取り掛かるのが「席替え」です。
あのいじめリーダーの女子を、廊下側窓際の一番前に配置、腰巾着の男子2名を
廊下側窓際の一番後ろの席と、校庭側窓際の一番後ろの席にそれぞれ配置。
あのグループを徹底的に引き離します。
もちろん、「くじびき」にはそうなるよう細工をします。
あと、なるだけ男子と女子が交互になるように配置。

なお、席替えは、ほぼ週一回のペースで行います。
クラス内の親密度をあらかじめ調べ、あまり交流が無い、一緒に遊ばない、
つるんでない児童が隣り合うように配置。

次は、授業中に突如「小テスト」を行います。
「これは通常のテストに加点します」と言えば、集中せざるを得ないでしょう。
いじめリーダーの女子がボイコットを画策しても、内申書が気になる優等生が
離反すると思われます。

小テストの間は鎮まりますが、これも一時的かも。
次に考えたのは、「一人一殺作戦」。騒ぎがはじまったら、なるだけクラス内で
発言力の弱い児童を狙ってジッと見つめます。その児童が下を向いて騒ぎに参加
しなくなったら、次の児童、と一人ずつ静めていく作戦です。
無言のままジッと見られるのも、ある意味怖いかなと思って・・・

現役の先生が聞いたら呆れる作戦かも知れませんが、
せめて席替えは試したいです。
なんで、ドラマの問題を真面目に考えてるんだろう(笑)
次回どう解決するか楽しみです。

TSUTAYAのネット宅配レンタル、入会日から30日間無料でお試し!
  


Posted by じろう at 06:20Comments(0)