スクール!! 第5話 感想

 
2011年02月14日/ TVドラマ
昨夜、フジテレビ系ドラマ「スクール!!」の第5話を見ましたので感想など。

スクール!!

工事現場での土のう運び競争。
成瀬校長(江口洋介さん)は「大橋先生が勝ったら何でも言うこと聞く」と言って
ましたけど、勝った大橋先生(塚本高史さん)は何か希望を言ったのかな。
まあ、あれは大橋先生のストレス発散が目的みたいなものですから、
細かいことは忘れましょう。

武市かの子(北乃きい さん)が大橋先生に言った、
「人は生きているだけでかっこ悪いんです」のようなセリフには、
「ホント日々そんなことばっかりだよ」とちょっと納得してしまいました。

成瀬校長(江口洋介さん)がいじめリーダー格の女子に、
「大橋先生辞めるぞ。よその学校へ行くんじゃなくて、先生自体を辞めるんだ。
お前それで満足か」と言っていました。

彼女の家庭環境が見えないので、何が彼女をいじめに走らせてるのか
まだ見えません。それは後半に解明されるのでしょう。

医者の息子のボンボンは、手のかからない子だということで、親や先生に
かまってもらえず、すねて不登校を繰り返します。

ああいう家庭の息子なら、過干渉なくらいかまうような気がするんですが、
母親も「塾さえ行ってるならそれでいいの」とほったらかし。
あれだけ家も立派で裕福なら、家政婦さんに送り迎えさせないのかと
ちょっと不思議に思いました。誘拐とか心配じゃないのかな。

私は、成瀬校長(江口洋介さん)の熱血さが、ほどよい具合で気に入っています。
大橋先生ほど詳しくはないでしょうが、一応5年生クラス内の人間関係も
把握していて、例のいじめ女子に対しても、決して長く拘束して熱く語るのではなく、
適当なところで切り上げるところにリアルさを感じました。

桐原先生(西島秀俊さん)がいいブレーキになってますしね。
副校長(塩見三省さん)も二言目には「ね、桐原先生」と言って頼ってますが、
少しは自分で考えたらどうなんでしょう。
ある意味、人をうまく使ってるとも言えます。

養護教諭の岡本先生(市川実和子さん)に、今回ガンダム関係の発言は
ありませんでした。無理に入れ込む必要も無いですしね。

成瀬校長(江口洋介さん)のナレーションでたびたび、
「しょうたろう、オレは今・・・」と語っていますが、おそらく彼の妻子は何らかの
理由で他界したのでしょう。次回はそのいきさつが分かるようです。

TSUTAYAのネット宅配レンタル、入会日から30日間無料でお試し!
  


Posted by じろう at 06:20Comments(0)