美しい隣人 第6話 感想

 
2011年02月16日/ 美しい隣人
昨夜、フジテレビ系ドラマ「美しい隣人」第6話を見ましたので感想など。

美しい隣人

冒頭から、筧雅彦(高知東生さん)が「すみませんでした」と言いながら土下座し、
沙希(仲間由紀恵さん)も、「誰が謝れっつった!」という場面からはじまり、
怖いやら面白いやらで凄いシーンでした。

この激しいシーンの少し後、二人は喫茶店で会いますが、沙希が筧雅彦に
「お子さんは順調?」と穏やかに優しく尋ねるギャップがまた凄い。
この後、筧雅彦が自宅マンションへ帰ると、家財道具が一切合財無くなっていて、
彼は床にへたれ込んでしまいます。

筧雅彦がお付き合いしていた女性に、沙希(仲間由紀恵さん)何かを吹き込んで
出て行かせるように仕向けたのでしょう。恐ろしい・・・

ネットカフェに、沙希はいくつもの紙袋を持ち込んで、その中には子供の洋服や
靴が入っていました。その服のニオイを嗅いで何かの余韻に浸る沙希。

何でわざわざネットカフェに行ってあんなことするのかと思ったら、おそらくは
絵里子(壇れい さん)の開設しているブログを読むためだったと思われ…
あの一軒家では、ネット回線の契約をしてないのかも知れません。

姑の矢野美津子(草笛光子さん)の快気祝いの食事会に、沙希(仲間由紀恵さん)
も呼ぶことになりました。絵里子の夫・矢野慎二(渡部篤郎さん)もちょうど
東京へ戻ってくるところだったので(彼の帰京に合わせた?)出席することに。

大阪では何度か関係を持った二人が、東京の矢野家でご対面です。
「お隣の沙希さん」と紹介されても、全く挨拶すらしない慎二なのでした。
まあ、それは驚くでしょうね。

しかし、慎二(渡部篤郎さん)の父親役の俳優さんの存在感の無さといったら
かわいそうなくらいです。草笛光子さんと一緒に居ても夫婦のように見えない
ですし、食事会で慎二と会話しても親子って感じが全くしませんでした。
いっそのこと、父親は数年前に他界したという設定で良かったかも。

さて、沙希(仲間由紀恵さん)は何ゆえ矢野家への嫌がらせに執着するのか、
結局どうしたいのかナゾです。

近所の喫茶店の店員・松井理生(南圭介さん)もナゾに包まれた人物ですね。
母親について聞かれると「ボクを産んだ女のことですか?」と言ったり、
絵里子(檀れい さん)に「沙希さんと駿が一緒に居る所を見たのは前にもあるの?」
と尋ねられると、少し考えて「いいえ」とウソをついたり。
この寡黙な青年にも注目です。
  


Posted by じろう at 06:20Comments(2)