美しい隣人 第7話 感想

 
2011年02月23日/ 美しい隣人
昨夜、フジテレビ系ドラマ「美しい隣人」第7話を見ましたので感想など。

美しい隣人

前クールのドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」と、この「美しい隣人」を比べて
どちらが面白いだろうかと考えてみました。残念ながら「ギルティ」の方が面白かった
気がします。

この「美しい隣人」も、当初はナゾが気になって仕方なかったのですが、今やあらかた
ナゾは解明されてしまっていて、あとは沙希(仲間由紀恵さん)の矢野家に対する
行為の程度が問題なだけかなと。

今回は、絵里子(檀れい さん)に「あなたの夫の浮気相手は私」と告白することで、
沙希は憂さを晴らしていました。

次回予告では、絵里子(檀れい さん)の息子の駿を沙希が連れ出す場面があった
ので気になることは気になりますが。

沙希(仲間由紀恵さん)の目的が矢野家の乗っ取りだとしても、絵里子の夫・矢野慎二
(渡部篤郎さん)は気味悪がって、彼女と仲良く家庭を築くとは思えません。

人の興味を引き続けるのは難しいのですね。
おそらく次回も見るとは思いますが、ちょっと興味の熱が冷めかかっているところです。

沙希の夫、筧雅彦(高知東生さん)が、「とりあえず」と渡した銀行の紙袋に入っていた
のが現金で180万円。
「200じゃないってとこが、」と沙希に突っ込まれていましたが、確かに中途半端な
金額でした。キリのいい数字で、150万円にしてもよかったんでしょうが、それだけ
彼が精一杯の誠意を見せようとしたんでしょう。

結局は、沙希(仲間由紀恵さん)がどうしたいのか、それがポイントですね。
  


Posted by じろう at 06:20Comments(0)