スクール!! 第8話 感想 【坊やだからさ】

 
2011年03月07日/ TVドラマ
昨夜、フジテレビ系ドラマ「スクール!!」の第8話を見ましたので感想など。

スクール!!

今回の第8話をまとめると、新宮小学校消滅の危機といじめリーダー原翔子の
抱える家庭の問題でしょうか。

成瀬校長(江口洋介さん)と脇谷副校長(塩見三省さん)は、教育委員会から
呼び出され、小学校の統廃合を検討している中、規模の小さい新宮小学校の廃校が
濃厚であると告げられます。

「まだ決定したわけじゃない」と廃校回避の策を考える成瀬校長に、桐原先生
(西島秀俊さん)が助け舟を出します。
過去に廃校が検討されたものの、廃校を免れた学校の資料を桐原先生は成瀬校長に
渡したのでした。「新宮小学校はオレが守る」と当初は息巻いていたものの・・・

原翔子の居なくなった5年生クラスでは、いつも偉そうにしている翔子への不満が
噴出して、今度は翔子を「空気」にしようぜ!と盛り上がります。
「空気」とは、みなに無視されていじめられる対象の隠語です。

その様子を立ち聞きしてしまった成瀬は怒り心頭に、
「オレはこの小学校を潰す」と児童たちに言い放つのでした。

今回もありました、養護教諭・岡本先生(市川実和子さん)のガンダム台詞。
成瀬校長(江口洋介さん)と大橋先生(塚本高史さん)が、倒れた原翔子を保健室
へ連れて行き、心配そうに容態を岡本先生に尋ねますが、二人は保健室から
追い出されることに。

追い出そうとする岡本先生に成瀬校長が「どうしてダメなんです?」と言うと
「坊やだからさ」とシャア・アズナブルのフィギュアを突き出しながら言っていました。
あくまでもガンダム推しなのが意味不明。
かえってガンダムファンから反感を買うのでは?と思えました。

原翔子は兄からDV(ドメスティック・バイオレンス、家庭内暴力)を受けている様子。
家庭で暴れる息子を恐れた翔子の母は、翔子を置いて実家へ帰ってしまいます。
父親は出張が多くて留守がち。なんだかよく分からない家庭です。

武市かの子(北乃きい さん)の祖父、武市幹城(岸部一徳さん)が病院で会った
原翔子に話しかけ、暴力を振るう兄のいる家に帰らず、ウチに来なさいと
誘うのですが、その時発作が起きて苦しみうずくまる武市幹城。

そして次回へ続きます。

「熱海の捜査官」では大活躍だった、ふせえり さんがホントにチョイ役で残念です。
ガンダムネタで遊ぶ余裕があるなら、ふせえり さんを面白いキャラにして
もらいたかったですね。

TSUTAYAのネット宅配レンタル、入会日から30日間無料でお試し!
  


Posted by じろう at 06:30Comments(2)