美しい隣人 最終回(第10話) 感想

 
2011年03月16日/ 美しい隣人
昨夜のフジテレビ系ドラマ「美しい隣人」最終回(第10話)を見た感想など。

美しい隣人

最後に沙希(仲間由紀恵さん)は、白い布の上で仰向けに横たわり、カメラ目線で
何と言ったのでしょう。すごい気になります。私には聞き取れませんでした。

また、沙希は2階の窓辺に腰掛け、ナイフを自分の首元にあてがいながらそのまま
外へ身を投げ出しました。私はそれで彼女は絶命したと思ったのですが、そうでは
ないような描写でしたよね。

絵里子(檀れい さん)の一家は、住んでいた家を売却して違うところへ引越した
ようですが、そこへ差出人不明の郵便物が届きます。

中身はDVDで、再生すると行方不明だった沙希(仲間由紀恵さん)の息子の隼人が
水の事故で亡くなって、絵里子の息子の駿が木の上で見つかるというニュース番組
を録画したものでした。(この舞台は神奈川なんですね)

おそらく差出人は沙希であり、2階から身を投げる前に投函して期日指定で配達させた
ものだと思っていました。

ですが、沙希は一度だけ携帯電話で絵里子に電話したとのこと。
実際、蛍が飛び交う川の上のボートから沙希が電話しているシーンがありました。

ならば、沙希は2階から落ちたものの、一命は取り留めたと考られます。
生きていたとしても背中から落ちていったので、結構な重傷を負ったと思われますが。

視聴者に明快な解答を与えず、ナゾを抱えたまま終わるという手法をあちこちで
見かけるようになりましたが、私はどうも好かないですねえ。

ひとつ分かったことは、喫茶店で働く寡黙な青年が、沙希に思いを寄せていたこと。
駿を沙希に密かに会わせていたことで、絵里子からビンタを食らっていたのが印象的。

絵里子(檀れい さん)が、「あなたは自分自身を愛しているのよ」と言い放った
のが沙希(仲間由紀恵さん)にとって図星だった様子。

それは絵里子にハッキリ言葉にして言われたことで、はじめて彼女自身が気付いた
のではないかと。涙が頬をつたっていることから、そう見て取れました。

絵里子はナイフを持ち出すし、死人の出る結末かと思ったのですが、
なんだかモヤモヤした終わり方。
沙希の仕掛けるワナに、色んな人がはまっていく序盤の方が面白かったかも。

  


Posted by じろう at 06:20Comments(27)