爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル2011/03/18

 
2011年03月19日/ ものまね番組
昨夜見た「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」の感想など。

爆笑そっくりものまね紅白歌合戦

顔だけそっくりさんのコーナーが削られるなど、かなり編集されていましたね。
本当は4時間スペシャルにするつもりだったのでしょうか。
もしそうなら、短縮して正解。あまり面白くありませんでしたから。

この前日に放送の「細かすぎて伝わらないモノマネ総集編」1時間の方が面白かった
と私は思います。新作は一つも無い総集編なのに。

お笑い芸人のネタ見せと、古い歌手、演歌歌手の部分はどうにかならないのでしょうか。
狙う年齢層が高いなら仕方ありません。次回からは録画して見たいモノマネだけ
見るようにしたいと思います。

昔の歌謡曲、演歌でご本人が登場すると、もう1回歌うから2度も聞かされるし。
なるだけ旬なネタが見たいんです。昔の歌謡曲や演歌が前回より増えて悪化してました。
自分の年代にハマるネタだけ見たいと言うのもワガママなので、先にも言ったように
録画するようにします。

ビューティーこくぶさんは、似てない小林幸子さんをやるなら、ジャパネットたかたの
高田社長をやった方が良かった。
私の好き嫌いの問題もありますが、何より似てないモノマネが多々あったのが残念でした。

そんな中でも、プロのものまね芸人さんたちは健闘されていました。
ミラクルひかるさんとか、ダブルネームさんとか。
意外だったのが、清水アキラさんの息子、清水良太郎さんです。
「どうせ親の七光りだろ」と思っていたのですが、尾崎豊が似てたし歌がうまい。

たとえば、博多華丸さんはどうして排除されてしまったんでしょう。児玉清さんなら、
幅広い年齢層にウケるのに。もちろん「アタック25」ネタで。

むしろ、この後の番組「人志松本の○○な話」の方が面白かったですね。
デヴィ夫人の話が2つともウケました。

ということで、不満の残る「ものまね紅白」でした。
リアルタイムで見るのはバカらしいのが分かったので、次回から録画にします。
  


Posted by じろう at 06:20Comments(2)