LADY 最後の犯罪プロファイル 最終回(第10話) 感想

 
2011年03月26日/ TVドラマ
昨夜見た、TBS系ドラマ「LADY 最後の犯罪プロファイル」最終回(第10話)の感想など。

LADY 最後の犯罪プロファイル

前回の第9話から間が空いてしまったので、「鳴海って誰だっけ?」と少し混乱しました。
こういう場合は、冒頭に前回のあらすじを少し挿入するなどの機転を利かせても
良かったのでは?

鳴海和馬(風間俊介さん)は、香月翔子(北川景子さん)の妹・舞子を誘拐し、監禁。
しかし、犯人の鳴海は、ビニールの梱包材でぐるぐる巻きにされた遺体で発見されます。
その遺体の遺棄の仕方が、約10年前に起きた女子高校生連続殺人事件に似ている
のでした。舞子は無事救出されます。

鳴海は真犯人に操られていたわけで、消された格好になります。
10年前の女子高校生連続殺人事件と、鳴海殺しには何らかの関係があり、それを
隠していた結城晶(木村多江さん)はCPSの面々から総スカン。

結城は、女子高校生連続殺人事件のプロファイリングに手詰まりを感じて、翔子の父の
香月教授(鶴見辰吾さん)に捜査協力を依頼していたことを告白します。
そして、結城が香月教授からの電話で「犯人はレディーキラーだ」と聞いたのを最後に
香月教授は謎の火災で焼死。

あまりあらすじをダラダラ書いても仕方ないので、ネタバレ全開でいきますよ。
最初の犯行は今泉(哀川翔さん)の娘で、その娘はその後自殺、2人目以降の犯行は
今泉によるものでした。

今泉の娘はいじめに悩んでおり、親友と思っていた友人までもがいじめ側についた
ことにショックを受け、その友人を殺害後に自殺したのでした。
その後は、今泉が娘をいじめていた同級生らを次々と殺害していったのでした。

まあ、話としてはよく出来ていたと思います。
だけど、なぜか気分の高揚などはありませんでした。手に汗握るといった。
なぜでしょう。爆弾魔の池田鉄洋さんが面白すぎたからなのか、第9話との間隔が
空き過ぎて間延びしたからでしょうか。

全話を通しての感想は、
プロファイリングという捜査手法が目新しいものでなくなっていたため、
「おおよそ、こんな感じのドラマでしょ」という素人予測がだいたい当たったのが平凡に
見えてしまったのかなと感じました。


【出演者】
■犯罪行動分析室(CPS)
香月翔子(北川景子さん)
結城晶(木村多江さん)
新堀圭祐(平岡祐太さん)
奥居マリエ(須藤理彩さん)
寺田毅彦(要潤さん)
■管理官
藤堂壮一郎(小澤征悦さん)
■第五強行捜査班係長
柘植正樹(ユースケ・サンタマリアさん)

TSUTAYAのネット宅配レンタル、入会日から30日間無料でお試し!
  


Posted by じろう at 06:20Comments(0)