遺留捜査 第1話 感想

 
2011年04月14日/ TVドラマ
昨夜放送のテレビ朝日系ドラマ「遺留捜査」の第1話を見ました。感想など述べます。

遺留捜査

ふっつうの地味な刑事ドラマという印象でした。
捜査本部のお偉方は、「こうだ!」と決め付けて捜査方針を決定しますが、
主人公は別の切り口で捜査をするといったフォーマットは、至る所で見られます。
初めから主人公の言いなりだと面白くなくなるので、仕方ないとは思いますが・・・

上川隆也さんをこんなにまじまじと見たのは、NHK大河ドラマ「功名が辻」以来
になります。なので、なんだか山内一豊に見えてしまいました。
上川隆也さん演ずる糸村聡の奥さんが仲間由紀恵さんだったら面白いのに。
「功名が辻」を見てない人には、分かりにくくてすみません。
お二人はこの大河ドラマの中では夫婦でした。

貫地谷しほり さんは、同じくテレ朝系ドラマ「警部補・矢部謙三」で刑事をされて
いたので、その印象が強く残っています。(厳密には刑事ではなくて庶務係)
あのすっ飛んだギャグドラマは、忘れたほうがいいかも知れません(笑)
この「遺留捜査」第1話では、とりあえず頭の固い捜査本部よりの人物ですが、
次第に主人公の糸村聡に協力的になっていくと面白そうです。

佐野史郎さんや大杉漣さんの、スーツを着た上役は悪く言えば見飽きた感じ
ですが、良く言えばハマリ役ですね。

「3分だけ時間をいただけませんか?」が決めゼリフのようですが、
なんだか爽快感に欠けますねえ。。。
第2話以降を見るかどうかは微妙です。

「お前のやったことは、全てするっとまるっとエブリシングお見通しだ!」
すみません、最後は好きな「トリック」の山田奈緒子(仲間由紀恵さん)のセリフ
で終わらせていただきます。。。
  


Posted by じろう at 06:14Comments(2)