タイムスクープハンター0号 沢嶋雄一 真の姿とは!? 感想

 
2011年05月01日/ TVドラマ
NHK総合で放送された「タイムスクープハンター0号 沢嶋雄一 真の姿とは!?」を途中から見ましたので感想など。

タイムスクープハンター

久し振りに「TRICK(トリック)」を見たくなったので、DVDを借りてきて見ていました。
第1シリーズの第1巻、「母の泉」事件です。仲間由紀恵さんが若くて初々しい!阿部寛さんも。
まだ最初は、山田奈緒子&上田次郎のキャラクターが固まっていない様子。懐かしい。

それはさておき、DVDを見終えて画面をテレビ放送に切り替えると、この番組がNHKで放送
されていました。要潤さんが、ロバート・キャンベルさんにインタビューを受けるという形式で
番組は進行。

ドキュメント風ですが、史実から当時の様子を想像したドラマですね。
こんな面白い番組があったんだ!しかも、シーズン2までやっていたとは。今まで全く気付き
ませんでした。シーズン3が5月12日からはじまるそうなので、ぜひ見たいと思います。

あっ、でも木曜日は「ハガネの女 season2」と重なるなあ。どっちか録画だあ。
なるほど、要潤さんが「ハガネの女」から居なくなったのはこのためだったんですね。
吉瀬美智子さんは、「ハガネの女」のために「BOSS」から居なくなったけど。

4月30日放送分は、シーズン3がはじまるにあたってシーズン1~2のダイジェストといった趣。
要潤さんが、タイムスクープ社のエージェント・沢嶋雄一という人物を演じていて、過去の日本へ
タイムワープし、当時の様子を取材するという設定。

たとえば、17世紀、江戸時代に加賀藩が将軍に氷を献上するために派遣した飛脚たちを
沢嶋雄一(要潤さん)が密着取材します。
もちろん、想像なのでドラマなのですが、妙にリアル。

これまで見てきた時代劇では、目鼻立ちの整った美男美女の役者さんが揃って、着物も
綺麗だけれど、このタイムスクープハンターでは役者さんがホントにその辺に居そうな
ひとたちで(失礼!)、服装もその時代の庶民が着ていたかのようなリアルさ。
これが大河ドラマ「江」を制作している同じNHKなのかと疑いたくなります。

またひとつ楽しみが増えました。
シーズン1~2の全話を見てみたいと思います。
  


Posted by じろう at 06:25Comments(2)