高校生レストラン 第1話 感想

 
2011年05月08日/ TVドラマ
昨夜放送の、日本テレビ系ドラマ「高校生レストラン」第1話の感想など。

高校生レストラン

お隣の三重県に実在する、相可高校が舞台のドラマと聞いていたので楽しみに
していました。

2~3日前の中日新聞・夕刊にモデルとなった村木新吾さんのインタビュー記事が
掲載されていたので、「これがドラマのモデルの!」と全文読みました。
村木さんを演ずる松岡昌宏さんは若いけれど、実際の村木さんは確か現在48歳です。

外部の人間からしたら、三重県出身の方の話す言葉は、関西弁に聞こえます。
以前に勤めていた会社の三重県出身の同僚は、「○○弁であって関西弁ではない」と
言い張っていました。私には聞き分けられなかったですけど。

さてこの「高校生レストラン」、春ドラマとしては遅い5月からのスタート。
もしかすると全8話くらいなのでしょうか。
楽しみにしていたものの、話をひろげるのが難しそうです。

彼ら生徒が、村木新吾(松岡昌宏さん)の指導によって経験を積み、知識を蓄えて
料理のクオリティが上がっていくストーリーなだけだと飽きそうな予感。

なので「ドラゴン桜」的な演出をしたら面白そうだと妄想しました。
たとえば、「ドラゴン桜」で「メモリー・ツリー」を桜木健二(阿部寛さん)が説明した
場面のように、包丁の種類や用途の説明、調味料の与える効果などを
カメラに向かって説明するコーナーを設けたらどうでしょう。

あとは、「東大英作文対決」に似たストーリーを入れるとか。
実家が有名な料亭の息子の生徒と、レストラン運営の生徒たちを対決させます。

幼少の頃から手伝いをしてきてレベルの高い料亭の息子は、彼らとのレベルの
違いを見せつけようと、余計な味付けをして負ける、みたいな。
すでに第1話で、部長がだし汁にサバの風味を勝手に付けて怒られてましたね。

すみません、懐かしくなって「ドラゴン桜」を最近一気に見たので・・・

▼出演者(敬称略)
松岡昌宏 吹石一恵 神木隆之介 川島海荷 板谷由夏 原田芳雄 伊藤英明 平田満 金田明夫

▼主題歌
「見上げた流星」TOKIO
  


Posted by じろう at 06:25Comments(2)