高校生レストラン 第3話 感想

 
2011年05月22日/ TVドラマ
昨夜放送の、日本テレビ系ドラマ「高校生レストラン」第3話の感想など。

高校生レストラン

「高校生御膳」を、新たに「花御膳」と命名し直すことにしたようです。

いよいよレストランがオープン。
はりきる調理クラブの面々ですが、注文と違う品を出してしまったり、接客係同士が
ぶつかって料理をひっくり返してしまったり、レジでは小銭を散らかしてしまったり。

厨房では、焼き過ぎ、揚げ過ぎなどで食材を無駄にしてしまって、予定の200食を
下回る数しか出すことが出来ませんでした。

お客さんからの強烈なクレームは出なかったようなのですが、調理クラブの彼らは
それらの失敗にやたら落ち込みます。泣き出す子まで出る始末。

村木新吾(松岡昌宏さん)が来る前は、ダラダラしていた彼らが、急に完璧主義者に
なっていて驚きました。
何も「べっぴんさんだからウチの息子の嫁に」と言われて落ち込まなくても(笑)

この女子、どこかで見かけたなあと思いきや、「熱海の捜査官」で東雲麻衣の役を
演じていた三吉彩花さんじゃないですか。(ググって判明)

話が脱線。
さて、「何なら200食出さんでも、150食とか100食に減らしたらええ」
と言う役場の岸野宏(伊藤英明さん)ですが、
「もう一度挑戦させてください」と願い出る坂本(神木隆之介くん)でした。

教務主任の吉崎先生(板谷由夏さん)に意見を求めた村木は、
「生徒たちが過度に緊張してしまって流れが悪い」という彼女の指摘を受け、生徒らに
「お前らを緊張させすぎてすまなかった。笑顔でいこう」のようなことを言って
開店2日目を迎えます。

2日目も多少のミスがあったものの、花御膳200食を完売することが出来ました。
村木新吾(松岡昌宏さん)の実家で、お祝いの夕食のはずが、
岸野宏(伊藤英明さん)の携帯電話に食中毒?が出たとの知らせがあり・・・

次回予告を見る限り、この件は大したことが無い様子。
また新しいことに挑戦するようです。次回を楽しみに待ちたいと思います。

▼出演者(敬称略)
松岡昌宏 吹石一恵 神木隆之介 川島海荷 板谷由夏 原田芳雄 伊藤英明 平田満 金田明夫

▼主題歌
「見上げた流星」TOKIO
  


Posted by じろう at 06:25Comments(2)